カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 色々なアレルギー >
  4. 日光 >
  5. 日光アレルギーに有効なビタミン

アレルギー

日光アレルギーに有効なビタミン

oranges-60591_640.jpg

日光アレルギーを持っている方には、いくつかお勧めのビタミンがあります。ビタミンをバランスよく摂取しつつ、普段の生活にも気を付けることで、日光アレルギーをある程度改善することも可能かもしれません。

 

●ビタミンCの力

 

ビタミンCは、日光アレルギーによる肌のトラブルを軽減させることが出来ると言われています。

 

元々肌にトラブルがあまりない、アレルギーの症状が軽い、という場合には、ビタミンCの効果を実感しづらいかもしれません。逆に、肌のダメージが大きい人ほど、ビタミンCの力を実感しやすくなるでしょう。

 

ビタミンCを含む食べ物と言えば、レモンやゆずなどの柑橘類が良く知られています。ですが、柑橘類は光毒性のあるソラーゲンという成分も含んでいるので、大量摂取しないように注意しましょう。

 

ビタミンCは日光アレルギーにとって、もろ刃の剣となる可能性があります。

 

●ビタミンB2

ビタミンB2は肌を強くしてくれます。今まで日光アレルギーで何度か発疹が出ているという場合、肌そのものが弱くなっている可能性があります。肌自体が弱いので、日光アレルギーが出た時に症状がひどくなりやすいという方も少なくありません。

 

そのような場合には、ビタミンB2を摂取するのがお勧めです。ビタミンB2はどじょうやレバー、脱脂粉乳などに含まれています。肉類や魚類に含まれることが多い成分ですので、食事のメニューにも組み込みやすいでしょう。

 

●ビタミンD

アレルギー反応が起こるのは免疫力の問題と言われています。免疫力を付けるために、ビタミンDの摂取はお勧めです。

 

日本抗加齢医学会では、ビタミンDが免疫力アップにかかわっているのではないかという研究も行われています。

 

ビタミンDは魚類に多く含まれています。その中でも特にビタミンDを多く含む食品に、にしんやサンマなどがあります。

(Photo by //pixabay.com/)

著者: 藤原さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

日光に関する記事

夏は熱中症にご注意を!意外と知らない日射病の対応

熱中症という言葉は、夏になるとよくニュースで聞きますが、じゃあ日射病って何?...

日射病になったら初診はどこに行けばいい?~熱中症の検査と治療方法~

熱射病や日射病は、高温障害という病気なので、意識があっても一度は病院できちん...


もしも日射病になったら?まずは何をしたらいい?日射病・熱射病の応急処置

特に子供は、日射病になりやすいですが、もし周りの人が日射病になったらどのよう...

肌の乾燥を防いで日光アレルギーの症状緩和

日光アレルギーの症状は皮膚に出ます。発疹、発赤などを中心とした症状で、痛みとかゆ...

カラダノートひろば

日光の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る