カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脂質異常症(高脂血症) >
  4. 予防 >
  5. 生活習慣 >
  6. エネルギー・コレステロール摂取量が重要!脂質異常症の食事療法

生活習慣病

エネルギー・コレステロール摂取量が重要!脂質異常症の食事療法

         

脂質異常症の食事療法はコレステロール制限が中心と考えられがちですが、脂質異常症の治療目的が動脈硬化の抑制であることから、動脈硬化のリスクを総合的に判断する必要があります

動脈硬化予防ガイドラインによる脂質異常症第一段階の食事療法は次のようになっています。


1. 総摂取エネルギーの適正化として、エネルギー摂取量を標準体重×25~30Kcalとすること。


2. 栄養素配分の適正化をし、炭水化物を60%、蛋白質を15~20%(獣鳥肉より魚肉、大豆たんぱくを多くする)、死亡を20~25%(獣鳥性脂肪を少なくし、植物性・魚肉脂肪を多くする)こと。


3. コレステロール摂取量を1日300mg以下とすること。


4. 食物繊維を25g以上摂ること。


5. アルコール摂取を25g以下とすること。


6. その他、ビタミン(C,E,B6,B12、葉酸など)やポリフェノールなどの摂取をすすめること。

 

…となっています。

 

コレステロール摂取制限については、通常の日本食中心の食卓であれば、通常の摂取量は約500mg/日です。

 

一方、鶏卵(黄卵)1個分のコレステロールは250mgですので、日本食において鶏卵の占める量は大きいと言えます。

鶏卵の摂取を控えることで目標を達成できることが多いとされます。

 

しかし他のコレステロール減となる食品をほとんど取らないのであれば、卵を全く禁じる必要はなく、1個分の卵を調理に使い、家族数人で分けて食べるというのであれば何ら問題はありません。

菓子類では、カステラのような洋菓子は卵を多く使用しているので注意が必要です。


たこやいくらなどの魚卵も同様にコレステロールを含みますが、それほどしばしば食べる食材ではありません。

その他日本食で良く食べられるものとしてはレバー、小魚、などは鉄分やカルシウムを豊富に含んだ食べ物ではありますが注意が必要です。

また内臓を一緒に食べるためにコレステロール含有量は多いとされます。

 

魚類・肉類共に、内臓系はコレステロール含有量が多いので、摂取はできるだけ避けたほうが良いことも覚えておきましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/09/03-381548.php )

著者: kyouさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活習慣に関する記事

正しい睡眠をとることで、脂質異常症(高脂血症)を予防しよう!

  今や日本人の5人に1人は睡眠において何らかの問題を抱えていると言われていま...

LDLコレステロールが高めの方の運動方法は有酸素運動を!

私たちの体の中には様々な種類のコレステロールがあり、それぞれに役割があります。...


治療の必要性を認識することが大切!生活改善で脂質異常症改善

  脂質異常症の方は、血液データに異常値が出るまでの間、自覚の有無に関わらず、...

脂質を減らすだけではダメ?中性脂肪を改善する基本的な方法!

健康診断で中性脂肪が高いといわれた人は、そのままだと生活習慣病や心筋梗塞、脳梗...

カラダノートひろば

生活習慣の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る