カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. 肺炎 >
  5. マイコプラズマ肺炎 >
  6. 薬が効かない?薬剤耐性菌にアロマで対策!

気になる病気・症状

薬が効かない?薬剤耐性菌にアロマで対策!

 

◆薬が効かない?薬剤耐性菌とは
現在マイコプラズマ肺炎治療において長い間第一選択薬であったマクロライド系抗生物質に耐性をもつ、マクロライド耐性マイコプラズマが出現し、問題となっています。

薬剤耐性とは、生物が自分に対して何らかの作用を持った薬剤に対して抵抗性を持ち、これらの薬剤が効かない、あるいは効きにくくなる現象のことをいいます。(Wikipediaより抜粋)

また、耐性菌の中には複数の抗生物質に耐性をもつ多剤耐性菌がおり、医療の現場ではさらなる問題となっています。

 

◆マクロライド薬剤耐性とはどのような状態か?

ではマクロライドに耐性ができるとはどのような状態になることなのでしょう。

マクロライド耐性化の原因は23SrRNA遺伝子のdomainVにおける突然変異です。

マクロライドはdomainVに結合してその機能を阻害し、蛋白の合成を制御し、抗生剤として働きます。domainVに結合する際に重要な2063番目のアデニン(A)のグアニン(G)の変異が生ずると、立体構造が変化しマクロライドはdomainVに結合できなくなります。これが耐性をもった状態になります。

 

◆精油の薬剤耐性菌への作用

アロマテラピーとして香りを楽しむために使われることが多い精油ですが、その抗菌・抗ウイルス作用から感染症に使われることが多いです。

精油の成分は薬剤耐性を起こすことはまれであると言われており、実際イギリスのブライトン大学の科学者たちによって、タイムという精油がMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)という多剤耐性菌を2時間で滅ぼすことに効果があったと紹介されています。

 

◆マイコプラズマに効果的な精油

抗細菌作用のある精油がマイコプラズマには効果的でしょう。

子どもには刺激の強い精油、皮膚に刺激の強い精油がありますので希釈濃度などを調節して使うか、空間にディフューズしたりハンカチなどにしみ込ませて匂いをかいだりしてもよいでしょう。

 

 ユーカリ・ラジアタ、シナモン、クローブ、ペパーミント、ティートゥリー など

 

子どもによく使われる精油はユーカリ・ラジアタやティートゥリーです。ティートゥリーは抗菌作用のある精油では一番メジャーな精油です。

 

このように、精油などの自然界のものを使った代替薬や正しい抗生物質の使用が薬剤耐性菌や多剤耐性菌のこれ以上の繁殖を防いでくれるかもしれません。

 

 

 

※参考

成田光生「薬剤耐性マイコプラズマの現状と今後の展望」モダンメディア53巻11号2007 <//www.eiken.co.jp/modern_media/backnumber/pdf/MM0711-01.pdf>

BBC News Web site <//news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/england/sussex/8584753.stm>

 

(Photo by: [//www.irasutoya.com/2012/11/blog-post_4395.html])

著者: fuji-444さん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

マイコプラズマ肺炎に関する記事

マイコプラズマ肺炎~薬が効かない薬剤耐性菌の発生の裏側

    ◆抗生物質の弊害 医療機関で「マイコプラズマ」と診断を受けると...

初期症状からの見分け方!マイコプラズマ感染症

     ◆初期症状からの見分け方 マイコプラズマ肺炎は子どもがかかり...


真正細菌マイコプラズマの性質~その流行時期と季節との関係

   近年増加傾向にあるマイコプラズマ肺炎ー。 私たちの身近な存在となっ...

マイコプラズマは自然治癒可能?薬以外の症状緩和方法

    誰しも一度は耳にしたことがあるやっかいな感染症、マイコプラズマ肺炎。...

カラダノートひろば

マイコプラズマ肺炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る