カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

6501-6600番号順記事リスト

結核後遺症による呼吸不全 結核後遺症と付き合う生活を
高齢者特有の結核後遺症 結核が後遺症を残すのは
胸部がへこむ漏斗胸と膨らむ鳩胸 漏斗胸治療は仕上がりの美しい治療法で
胸郭の変形治療後の後遺症 子供のいびきによる胸郭の変形
胸郭変形を予防するには正しい呼吸 閉塞性換気障害を引き起す疾患
現状では治療法の無い慢性閉塞性肺疾患(COPD) 気管支喘息による閉塞性換気障害
換気障害を引き起こす!?慢性気管支炎の特徴と原因 肺気腫による換気障害とは?
換気障害の原因となるびまん性汎細気管支炎 遺伝するびまん性汎細気管支炎
広範囲に広がるびまん性汎細気管支炎 びまん性汎細気管支炎による合併症
かつての難病びまん性汎細気管支炎が治療可能に 床擦れによる赤みが見られたら、2時間ごとの体位変換が必要
全身性の血管炎症性疾患「ウェゲナー肉芽腫」は早期治療が鍵 食欲の出ない風邪にはこのツボを
脱力症状が続く時CIDP(慢性炎症性脱髄性多発神経炎)を疑う 高タンパク食摂取は肝臓に負担
高タンパク食摂取による尿素 高タンパク食摂取はアレルギーの原因に
質の良いタンパク質は良い体を作る!?上質なたんぱくって? 高タンパク食摂取には分解促進対策を
尿排泄の調節が崩れてしまう!?尿崩症の原因は「バソプレッシン」だった! 脳の障害による中枢性尿崩症
腎臓障害による尿崩症 多尿の原因ってなに?!それは尿崩症だけとはかぎらない!
尿崩症が腎不全を引き起す?! 腎臓に優しい低たんぱく食摂取
ストップ!腎臓病!低たんぱく食摂取で進行抑止に! 低たんぱく食摂取でもカロリーは充分に
低たんぱく食摂取で重要となるアミノ酸価 たんぱく質の過剰摂取はNG!?低たんぱく食摂取が体内をきれいにする
食生活も関係する*二種類の副甲状腺機能亢進症 栄養の偏りが副甲状腺機能亢進症に
腎臓障害による二次性副甲状腺機能亢進症 原発性副甲状腺機能亢進症と治療法
副甲状腺機能亢進症による諸症状 消えないシミは、真皮にある太田母斑(青アザ)が原因だった!?
咳がひどくて眠れない...そんな時は咳のツボ「孔最」を刺激! 脳血管疾患「もやもや病」を持つ子供が学校で気を付けるべきこと
アミロイドβ蛋白の抑制作用が確認されたターメリックの力とは! お腹を下すような風邪にはこのツボを
子供の胸部にへこみがあったら、漏斗胸という病気の可能性 水毒症をご存知ですか?水分代謝を改善
心臓病には左の少海を 若い時こそ気をつけたい変形性腰椎症
気をつけたい、女性に多い手指の変形性関節症 肉体疲労(腎虚症)には復溜を
鼻づまりに翳風が効く! 受験生必見!目の覚めるツボ
BMIの計算、見方を覚えよう!心臓病の予防は「太らない」が基本 こんな全長があれば要チェック!高齢者の骨折を防ごう!-骨密度編-
前兆を見逃さず高齢者の骨折を防ごう!歩行編 こんな全長があれば要チェック!高齢者の骨折を防ごう!-疾病・薬編-
高齢者の骨折で心配な後遺症~患部編 高齢者の骨折で心配な後遺症~痛み編
子どもがケガで出血した時はこんな処置を ツボを押して小顔になりましょう
変形性関節症を治療しよう!必要な検査はこれだけ! 変形性関節症は即行動で早期治療!
ツボ押しでお腹まわりをスッキリさせましょう! 変形性関節症の手術はどのように行われる?
筋力アップが変形性関節症を遠ざける! 骨折後の高齢者が抱く転倒恐怖感をチェックリストでチェック!
ツボを押して、ふくらはぎと足首を引き締めましょう 骨折後の高齢者が抱く「転倒恐怖感」とは
骨折後の高齢者から転倒恐怖感を遠ざける対策! 携帯電話の電波は影響する?ペースメーカーの「今」を知ろう
慢性中耳炎で破れた鼓膜は「鼓膜形成術」で細菌感染の予防が必要 排卵できない病気「多嚢胞性卵巣症候群」と子宮体癌の関係
リハビリは早期に行うことが重要~ギランバレー症候群について 2型糖尿病の血糖値コントロールに!「サラシア」とは?
過呼吸後、数分間の脱力症状があれば早期手術が必要~もやもや病 鼻茸の最新治療機器「マイクロデブリッター」とは?
歯周病の治療法「歯槽骨再生手術」と「インプラント手術」を知る 風邪の後の突然の脱力症状は、ギランバレー症候群の可能性
貧血の原因が不明であるとき「スポーツ性貧血」を疑ってみる 神経線維腫症Ⅰ型(レックリングハウゼン病)を知る
治療しても治らない歯の痛みは、「三叉神経痛」の可能性 切断した指は直接氷水に入れると接着できない!正しい処置の方法
先天性の耳が小さくなる病気「小耳症」について 病気発症後1年以内であれば適応可能~リスクの少ない角膜移植術
多嚢胞性卵巣症候群の治療術「腹腔鏡下卵巣焼灼術」とは? 乳がんで乳房を切除した際の乳房再建術について
発毛薬『ミノキシジルタブレット』の服用は、循環器疾患の危険性がある?! 脳出血を予防する大事なポイント
脳出血の2種類の治療法とは?
トップへ戻る