カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. お薬検索TOP
  3. >
  4. 日医工
  5. >
  6. アスピリン「日医工」

アスピリン「日医工」

アスピリン「日医工」 > 禁忌
ブックマーク数: 0
文字サイズ 標準 拡大
このエントリーをはてなブックマークに追加
薬価
23.70 円
製薬会社
主成分(一般名)
アスピリン

■禁忌

1.川崎病を除く効能又は効果に使用する場合

(1)本剤又はサリチル酸系製剤に対し過敏症の既往歴のある患者
(2)消化性潰瘍のある患者[プロスタグランジン生合成抑制作用により,胃の血流量が減少し,消化性潰瘍を悪化させることがある。](ただし,「慎重投与」の項参照)
(3)重篤な血液の異常のある患者[血小板機能障害を起こし,血液の異常を更に悪化させるおそれがある。]
(4)重篤な肝障害のある患者[肝障害を更に悪化させるおそれがある。]
(5)重篤な腎障害のある患者[腎障害を更に悪化させるおそれがある。]
(6)重篤な心機能不全のある患者[腎のプロスタグランジン生合成抑制作用により,浮腫,循環体液量の増加が起こり,心臓の仕事量が増加するため,心機能を更に悪化させるおそれがある。]
(7)アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作の誘発)又はその既往歴のある患者[重篤なアスピリン喘息発作を誘発させることがある。]
(8)出産予定日12週以内の妊婦(「妊婦,産婦,授乳婦等への投与」の項参照)

2.*川崎病(川崎病による心血管後遺症を含む)に使用する場合

(1)本剤又はサリチル酸系製剤に対し過敏症の既往歴のある患者
(2)消化性潰瘍のある患者[プロスタグランジン生合成の抑制作用により,胃の血流量が減少し,消化性潰瘍を悪化させるおそれがある。](ただし,「慎重投与」の項参照)
(3)出血傾向のある患者[血小板機能異常が起こることがあるため,出血傾向を助長するおそれがある。]
(4)アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作の誘発),又はその既往歴のある患者[重篤なアスピリン喘息発作を誘発させることがある。]
(5)出産予定日12週以内の妊婦(「妊婦,産婦,授乳婦等への投与」の項参照)

■この薬を調べた人は他にこんな薬を調べています

アスピリン「日医工」の基本情報 / みんなで共有(0件)
お薬検索の利用注意事項

当サイトで掲載している薬の情報については、できる限り正確な情報を載せるように努めておりますが、掲載内容については完全に保証するものではございません。
適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(電話:0120-149-931)にご相談ください。
内容について、より詳細な情報を望まれる場合は、担当の医師または薬剤師におたずねください。
お客様はこのことを承諾した上、自己責任において当サイトを利用し、必要に応じて、正しい情報の検索、医療機関の受診など、自身の判断で行ってください。
当サービスによって被ったいかなる損害について、株式会社カラダノートはその賠償の責任を一切負わないものとします。

※医薬品医療機器総合機構
| | | | | | | | |
| | | | | | | | |
| | | | | | | | |
| | | | | | |

記事ランキング

お薬検索ランキング

カラダノートひろば閲覧ランキング

人気体験談ランキング

カラダノートのアプリ

  • 【かってに月齢アルバム】
  • 【お薬ノート】
    服薬アラート付きの無料お薬手帳アプリ
ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る