カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. お薬検索TOP
  3. >
  4. 東和薬品
  5. >
  6. メチスタ錠500mg

メチスタ錠500mg

メチスタ錠500mg > 禁忌
ブックマーク数: 0
文字サイズ 標準 拡大
このエントリーをはてなブックマークに追加
メチスタ錠500mg
薬価
8.90円 ※この薬はジェネリックです
製薬会社
主成分(一般名)
カルボシステイン
先発薬

■作用と効果

メチスタ錠500mgは、カルボシステインという成分が500mg入っていて、内科や耳鼻科でよく処方される粒の大きなお薬です。同じメチスタに、250mgという量のものもあり形が違います。主にのどの奥や気管、気管支、鼻などの粘膜に作用するお薬です。痰や膿、鼻汁の粘りを取ってやわらかくして出してしまいやすくします。また、荒れた粘膜を修復したり、粘膜の抵抗性を高めたりといった効果もあります。風邪など上気道で炎症が起きている場合や、気管支炎、気管支喘息、気管支拡張症、肺結核などのときの去痰を目的にしたり、副鼻腔炎や蓄膿症のときの鼻詰まりをやわらげる目的、また耳鼻科で固まってしまった膿を排出する目的で処方されます。

■用法・用量

メチスタ錠500mgは、通常、15才以上の成人は、1回1錠、1日3回、食後に十分な水またはぬるま湯で服用します。病気の内容や、症状の重さなどで、処方される量は増えたり、減ったりします。必ず、指示された用法用量をきちんと服用するようにします。250mgの場合は1回2錠になりますので、入っている成分の量を間違えないようにしましょう。錠剤が大きく、成分の量も多いため、通常は子どもに飲ませることはありません。服用している間は、いつもより多めに水分をとっておくと、痰や膿をやわらかくする力を十分に発揮できるので、しっかり水分をとるといいでしょう。飲み忘れた場合はすぐに1回分を飲みますが、次の服用時間まで十分に時間がないときは、1回分ぬかして、次の服用時間に1回分を服用します。

■副作用

メチスタ錠500mgは、服用する事によって大きな問題の起きにくい、比較的安全なお薬です。副作用としては、滅多におきませんが、皮膚粘膜症候群といって、皮膚が赤くなったり腫れたりする可能性もありますので、特に、口の中の粘膜が赤く腫れたり、膨らんだりしていないか、気をつけてください。一緒に服用する事の多い痛み止めなどでも出る可能性のある症状です。また、長期にわたって服用する場合は、肝機能をときどき検査してもらいながら使いましょう。だるい、肌や白目が黄色くなる、食欲がなくなるなどの、肝機能障害にともなう症状も出ることがあります。また、湿疹や、むくみ、蕁麻疹、めまい、息が苦しくなる、血圧が低下して目の前がくらくなったりふらふらする、手足が冷たくなる、顔面が蒼白になるといったショック、アレルギー症状、アナフィラキシー症状も起きる可能性があります。特に、同じ種類の薬を初めて服用するときは気をつける必要があります。

■禁忌

本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

■この薬を調べた人は他にこんな薬を調べています

メチスタ錠500mgの基本情報 / みんなで共有(0件)
お薬検索の利用注意事項

当サイトで掲載している薬の情報については、できる限り正確な情報を載せるように努めておりますが、掲載内容については完全に保証するものではございません。
適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(電話:0120-149-931)にご相談ください。
内容について、より詳細な情報を望まれる場合は、担当の医師または薬剤師におたずねください。
お客様はこのことを承諾した上、自己責任において当サイトを利用し、必要に応じて、正しい情報の検索、医療機関の受診など、自身の判断で行ってください。
当サービスによって被ったいかなる損害について、株式会社プラスアールはその賠償の責任を一切負わないものとします。

※医薬品医療機器総合機構
| | | | | | | | |
| | | | | | | | |
| | | | | | | | |
| | | | | | |
ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る