カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす

ヤーズ配合錠

ヤーズ配合錠 > 禁忌
ブックマーク数: 0
文字サイズ 標準 拡大
このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤーズ配合錠
薬価
6,900.60円
製薬会社
主成分(一般名)
ドロスピレノン・エチニルエストラジオール ベータデクス

■禁忌

1.本剤の成分に対し過敏性素因のある患者
2.エストロゲン依存性悪性腫瘍(例えば,乳癌,子宮内膜癌),子宮頸癌及びその疑いのある患者[腫瘍の悪化あるいは顕性化を促すことがある.]
3.診断の確定していない異常性器出血のある患者[性器癌の疑いがある.出血が性器癌による場合は,癌の悪化あるいは顕性化を促すことがある.]
4.血栓性静脈炎,肺塞栓症,脳血管障害,冠動脈疾患又はその既往歴のある患者[血液凝固能が亢進され,これらの症状が増悪することがある.]
5.35歳以上で1日15本以上の喫煙者[心筋梗塞等の心血管系の障害が発生しやすくなるとの報告がある.]
6.前兆(閃輝暗点,星型閃光等)を伴う片頭痛の患者[前兆を伴う片頭痛の患者は前兆を伴わない患者に比べ脳血管障害(脳卒中等)が発生しやすくなるとの報告がある.]
7.肺高血圧症又は心房細動を合併する心臓弁膜症の患者,亜急性細菌性心内膜炎の既往歴のある心臓弁膜症の患者[血栓症等の心血管系の障害が発生しやすくなるとの報告がある.]
8.血管病変を伴う糖尿病患者(糖尿病性腎症,糖尿病性網膜症等)[血栓症等の心血管系の障害が発生しやすくなるとの報告がある.]
9.血栓性素因のある患者[血栓症等の心血管系の障害が発生しやすくなるとの報告がある.]
10.抗リン脂質抗体症候群の患者[血栓症等の心血管系の障害が発生しやすくなるとの報告がある.]
11.手術前4週以内,術後2週以内,産後4週以内及び長期間安静状態の患者[血液凝固能が亢進され,心血管系の副作用の危険性が高くなることがある.]
12.重篤な肝障害のある患者[代謝能が低下しており肝臓への負担が増加するため,症状が増悪することがある.]
13.肝腫瘍のある患者[症状が増悪することがある.]
14.脂質代謝異常のある患者[血栓症等の心血管系の障害が発生しやすくなるとの報告がある.また,脂質代謝に影響を及ぼす可能性があるため,症状が増悪することがある.]
15.高血圧のある患者(軽度の高血圧の患者を除く)[血栓症等の心血管系の障害が発生しやすくなるとの報告がある.また,症状が増悪することがある.]
16.耳硬化症の患者[症状が増悪することがある.]
17.妊娠中に黄疸,持続性そう痒症又は妊娠ヘルペスの既往歴のある患者[症状が再発するおそれがある.]
18.妊婦又は妊娠している可能性のある女性[「妊婦,産婦,授乳婦等への投与」の項参照]
19.授乳婦[「妊婦,産婦,授乳婦等への投与」の項参照]
20.骨成長が終了していない可能性がある患者[骨端の早期閉鎖を来すおそれがある.]
21.重篤な腎障害又は急性腎不全のある患者[ドロスピレノンの弱い抗ミネラルコルチコイド作用により,血漿中レニン及びアルドステロン活性が上昇することがある.]

■この薬を調べた人は他にこんな薬を調べています

ヤーズ配合錠の基本情報 / みんなで共有(0件)
お薬検索の利用注意事項

当サイトで掲載している薬の情報については、できる限り正確な情報を載せるように努めておりますが、掲載内容については完全に保証するものではございません。
適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(電話:0120-149-931)にご相談ください。
内容について、より詳細な情報を望まれる場合は、担当の医師または薬剤師におたずねください。
お客様はこのことを承諾した上、自己責任において当サイトを利用し、必要に応じて、正しい情報の検索、医療機関の受診など、自身の判断で行ってください。
当サービスによって被ったいかなる損害について、株式会社カラダノートはその賠償の責任を一切負わないものとします。

※医薬品医療機器総合機構
| | | | | | | | |
| | | | | | | | |
| | | | | | | | |
| | | | | | |

お薬検索ランキング

人気体験談ランキング

カラダノートのアプリ

  • 【ママびよりカフェ】
    全国のママと話せる!ママ限定チャットアプリついにスタートです。
  • 【お薬ノート】
    服薬アラート付きの無料お薬手帳アプリ
ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る