カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 2歳 >
  4. 夫婦で胃腸炎、子どもを誰も世話できない事態に
2歳

[2歳]夫婦で胃腸炎、子どもを誰も世話できない事態に [育児の体験談]

197人に読まれました
2015-12-12 17:43
12月。
だんだん病気が怖い時期に入ってきましたね。
どんな病気も大変ですが、私がしんどかった記憶、というと、息子2歳娘7ヶ月の時に夫と二人で胃腸炎になった時の思い出が、悲惨によみがえります。

インフルエンザやノロウィルスについての報道がテレビで聞かれますが、子どもの通うこども園ではアデノウィルスや溶連菌の発症報告もありました。
私は咳や熱はある程度動けるけれど、頭痛と嘔吐感は身動きが取れなくなるので、この症状だけは勘弁してほしいところです。

子どもが病気になるのは、可愛そうですが自分が看病できます。
困るのは、自分が病気になる事です。
子育ては体が資本。
お父さんお母さんは病気になれません。

私たち夫婦が胃腸炎になった時の事をお話します。
先に夫が胃腸炎になりました。
初日は病人は一人だったので、何とかなりました。
翌日、私の調子がおかしくなりました。
2人で布団とトイレの往復地獄。
時々間に合わず、部屋に嘔吐してしまい、それを処理するのも自分、子どもを隔離することもできず、悲惨を極めました。

ふらふらになりながらなんとか3食子どもに食べさせましたが、もう限界。
電車で2時間のところに住む母を呼び寄せました。
子ども2人の世話を頼み、ようやく落ち着いて静養する事ができました。

私の場合は幸いにして、母が駆けつけてくれましたが、それができない環境の方も当然いらっしゃることでしょう。
手洗いうがい、人ごみには極力近寄らない、などのシンプルな対策こそが基本です。
もし病気で子育てに支障を来す事態にも備えて、頼れる親兄弟や友達とのお互いの連携確認や、育児サービスなど、予め調べておく必要があると思います。
1

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる