カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 妊娠中の自転車乗る?乗らない?
妊娠中の生活

[16w]妊娠中の自転車乗る?乗らない? [妊娠・出産の体験談]

7090人に読まれました
2015-12-14 06:53
私にとって、自転車は重要な移動手段。
でも一人目を妊娠した時は、一切乗らないようにしていました。会社を辞めてからは、時間はふんだんにあるので、買い物も短時間で済ませる必要はなかったですし、重くて持てないと思ったら何回かに分けて行くのも、運動♪と思い、あまり苦になりませんでした。

しかし、そうはいかないのが二人目以降の妊娠生活。
つわりの時期は、自転車に乗ったあと気分が悪くなったりしたので控えていたものの、安定期以降、少しずつ乗っていました。
極力歩くようにしていましたが、どうしても上の子の習い事などの送迎が間に合わないときなどに、のろのろ安全運転していました。
ですが、3人目ともなると35週くらいまではほぼ毎日の自転車生活。2歳の息子はベビーカーが嫌いでしたし、かといって歩くのも時間はかかるし、抱っこをせがまれるしで、「仕方ない」と自分に言い訳しつつ乗っていました。

妊娠中の自転車については助産師さん、医師によりけりの考えがあるようです。
私の住む地域では、自転車は生活必需品であるということ、坂のほとんどない平坦な土地であることから、乗らざるを得ないというある程度の理解はしてくれます。
100%ダメというわけでもなさそうですが、やはりお腹に張りを感じたらやめるように言われていました。
私の場合、あまりお腹が張ることがなかったので、なんとなく大丈夫と思って乗っていましたが、それでも、35週ごろに子宮口がちょっと開いていると言われたあたりで、自転車生活をやめました。

自転車は絶対ダメとは言わないが、下腹部に圧はかかるし、バランスを崩したりといった危険がゼロではないので、あくまで自分の判断で自己責任で、と言われることがほとんどだと思います。

ずっと、この言葉が頭の片隅にあり、どこかで不安を抱えながら過ごしていたので、自転車生活を辞めたとき少しほっとしたのを思い出します。

みんなへメッセージやアドバイス

妊娠中の体調は人それぞれなので、他の人は大丈夫だからという判断は絶対に危険です。
私の場合は、無事に妊娠生活を過ごせていましたが、張りやすい友人は早々に自転車に乗らなくなっていました。
自転車に乗った後の体調の変化なども見ながら、無理なく過ごしてほしいと思います。
0

妊娠16w前後の体験談

上へもどる