カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 涙のはじめてのお泊り
ママの悩み

[1歳11ヶ月]涙のはじめてのお泊り [育児の体験談]

251人に読まれました
2015-12-15 15:26
息子がすくすくと成長し、イヤイヤ期に突入。
毎日の事で心身ともに疲れ、ママの方が風邪を繰り返していました。

イヤイヤ期の息子を連れ病院に行くのも気が引けて、市販薬で落ち着かせたりリポDでごまかし数か月。
とうとう体が動かなくなり、40度近い熱が。

旦那さんは、頼りないのと午前様であてにならず。
自分の実家は遠く九州なので、心配をかけるわけにもいかず。

でも、水分も取れない程からだが衰弱しきっていて、息子の面倒を見る事は無理でした。

藁をもつかむ思いで、義実家に電話し、息子を預かってもらう事にしました。
おじいちゃんが大好きだから、行く事に問題はありませんでした。私も、夕方くらいまで預かってもらい病院と薬をもらえればどうにかなる!!!と思っていました。

しかし、病院に行くのもやっとスーパーでドリンクと食べられそうなものを買いひたすら寝ていました。

ふと、起きると夜の8時!!
すぐに、義実家に電話すると
『大丈夫よ~泊まらせるからゆっくりしてなさい』
普段なら、息子を預けるなんて!と思いますが有り難くお願いする事にしました。

翌日、私はどうにか動けるようになり簡単な家事はできるように。
息子も引き取ろうと電話をすると、
『お利口さんにしているし、もう1泊いいわよ~』
ん。。。。。
どうしよう。。。
迷いましたが、お言葉に甘えました。
2日間、子育てから離れ久しぶりのリフレッシュでだいぶ体が楽になりました。

そして、翌日。
おばあちゃんが、息子を連れてきてくれました。
よそよそしく、家に入りいつもと変わらず遊びだしました。
この様子だと楽しく過ごせたんだな~なんて、義母に話をきくと

1日目夜。おばあちゃんの布団に入り『ママ~ママ~』と泣きながら寝たそうです。
2日目夜。素直におばあちゃんの布団に入り、一点天井を見つめ歯を食いしばり目に涙を浮かべながら何も言わずに寝たそうです。

その話をきいて、息子をぎゅーと抱きしめました。
ホントに、よく頑張った。

それ以来おばあちゃん家に泊まる事を断固拒否している息子。
たまには泊まってほしいものです。

みんなへメッセージやアドバイス

息子の気持ちを思うと、胸を締め付けられる思いでしたが、これも練習なんですかね(笑)
2

1歳11ヶ月前後の体験談

上へもどる