カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 少しでも楽な安定期のうちに旅行!マタ旅について思うこと
妊娠中の生活

[20w]少しでも楽な安定期のうちに旅行!マタ旅について思うこと [妊娠・出産の体験談]

517人に読まれました
2016-04-20 15:58
※写真は妊娠中行った伊豆での1枚です。

最近「マタ旅」という言葉を聞くようになりました。
マタ旅とは「マタニティー旅行」の略で、安定期になった妊婦さんが、ストレス解消やこれから待ち受ける子育てで手一杯になる前に旅行をしようというもの。
マタ旅に関しては「100%安全ではない」など否定的な意見もありますし、人気マンガ「コウノトリ」でもマタ旅を取り上げた話もあります。

ただ、妊娠中も身体に気を使うし、子どもが小さいうちの旅行はかなり大変なので、少しでも楽な安定期のうちに旅行!という気分は大いにわかります。

私も安定期に北海道から伊豆へ温泉旅行へ行きました。
というのも、旦那さんが会社の会合で伊豆へ行くことになり「旦那さんだけ伊豆?温泉!?ズルいっ!」と思ってしまい(汗)
さらに苦手としている冬の北海道を抜け出したい!
旦那さんがいない間の雪かきどうしたらいいんだ!という気持ちもありました。

私は妊娠中もほぼ月一ペースで飛行機に乗ってたので長距離移動に慣れていたこと、また妊娠中は経過が良好だったこと、また寒いところから多少なから暖かいところへ行くこと、日程は往復の移動と、宿での温泉、見たかった河津桜を見る(結果として咲いておらずスルー)以外は未定とかなりゆるゆる旅行だったこともあり、結果として負担なく旅行を過ごしました。

今子どもは1歳半になりましたが、同じように伊豆旅行なんて絶対ムリです。
まず荷物がぐんと増えるし、低月齢なら授乳間隔が空かず常時授乳スペースを探しながらの移動になるし、
少し大きくなって授乳間隔が空いても離乳食が始まり準備しないといけない上、夜泣きが始まって周りに迷惑がかかると気が休まらず、
歩き初めれば相変わらず離乳食の準備も必要な上、自分の本能のままとにかく動く
…と各時期の帰省と旅行を経験した上で、私は行ってよかったと思ってます。

みんなへメッセージやアドバイス

ただし、妊婦への負担は大きいです。
経過が良好なこと、先生への相談も必ず行うこと、道中は決して無理をしないこと、そして何より何があっても自己責任である、ということをとにかく心がけて下さい。
1

妊娠20w前後の体験談

上へもどる