カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 2歳 >
  4. 新しい家族とお姉ちゃんの夜泣き…。
2歳

[2歳]新しい家族とお姉ちゃんの夜泣き…。 [育児の体験談]

262人に読まれました
2015-12-16 05:33
我が家に新しい家族が増えました。妊娠中から気がかりだったのが、赤ちゃんのお世話で忙しく、2歳になる娘にかまってあげられなくなるのではないか、そして娘が嫉妬したり赤ちゃん返りをするのではないかということです。いつもわたしにべったりでお母さんっ子の娘と離れるのは、今回が初めてでした。いざ、出産を終え旦那と共にお見舞いにやってきた娘は思いのほか元気で、私がいないことに泣きもせず旦那と楽しく過ごしていたようです。少し淋しく思いつつもホッとしました。私の胸に抱えられた赤ちゃんを、暫くじーっと眺めていました。その後、そーっと近づいて覗きこみ「赤ちゃん!!」と言っていました。
退院後自宅に戻ってからも、娘は嫉妬どころか小さな弟に好意的。ヨシヨシしてあげたり、弟のオムツをもってきたりと小さいながらもお姉ちゃんっぷりを発揮していました。しかし、安心したのもつかの間。もう随分長いこと夜泣きをしていなかった娘が、夜になると大声量で泣き叫び始めたのです。皆同室に寝ているので、弟の泣き声で起こしたらどうしようとは思っていましたが、まさか娘の泣き声で弟を起こすことになるとは想像していませんでした…。
娘の夜泣きは3日間続きました。いい加減疲れてきた私と旦那は、試しに寝ているポジションを変えてみることにしたのです。まずは一人でシングルに寝ていた娘の隣で旦那に寝てもらうことにしました。私はセミダブルに息子と寝る。しかし、あまり効果はありませんでした。それどころか、夜中になると「ママーー」と泣きながら、旦那を越えて私のもとにやってくるようになったのです…。そこで、今度はセミダブルに私を挟んで川の字で両脇に娘と息子と寝てみることに。このポジションに変えたことで、なんと娘の夜泣きは治まりました。おそらく淋しかったのだと思います。私が授乳などで赤ちゃんと密着する機会が多い分、疎外感を感じていたのかもしれません。良いお姉ちゃんっぷりも、輪に入るためだったのかな?と思ったり。突然やってきた赤ちゃんに戸惑っていたのだと思います。

みんなへメッセージやアドバイス

幸い下の子はあまり手がかからないので助かっていますが、お姉ちゃんにかまってあげる時間ってすごい大事だなと実感しました。私は下の子の授乳が終わった後、娘を膝に乗せしばらく抱いてあげるようにしています。今回の夜泣きは不安や戸惑いから出たものだと思うので、もし上の子に弟か妹が出来てから夜泣きが始まった場合には、寝るポジションをいつもと変えてみたり、昼間いつもより多めにスキンシップをとるようにしてみてください。ひょっとしたら治まるかもしれません。
1

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる