カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 睡眠(ねんね) >
  4. うまく眠れない赤ちゃんの落ち着く体勢
睡眠(ねんね)

[0歳1ヶ月]うまく眠れない赤ちゃんの落ち着く体勢 [育児の体験談]

4525人に読まれました
2018-01-31 16:20
なかなか眠れずグズる赤ちゃんに効く方法をご紹介します。
(個人差があるとは思いますが、是非お試し下さい)
  • 何をしても泣く赤ちゃん

    私は3人の子供がいますが、3人目の長男は生後3ヶ月後半までなかなか寝てくれず、寝るといえば抱っこしている時だけ。

    ようやく眠ったと思ってベッドに寝かせるとまた泣く、仕方ないのでまた抱っこしていたら授乳の時間…
    そんな無限ループが続く時期がありました。
    上の2人の子供は泣きはするものの、少ししたら泣き疲れかすんなりと眠ってくれていました。
  • 産婦人科に相談してみる

    1ヶ月検診の時に思い切って産婦人科で相談をしてみました。
    すると、看護師さんが、「通称、お雛巻き」がいいよ、と教えて下さいました。
    お雛巻きとはおくるみなどで赤ちゃんを包み込むようにまずは両サイドを巻いた後で下に余った布を首元に入れ込むという巻き方でとっても簡単なものでした。
  • お雛巻きの効果

    家に帰った私は、早速グズる長男をお雛巻きにしてみました。
    すると、あら、落ち着いた様子。

    よく考えてみると、抱っこしている状態だと赤ちゃんの体は、お母さんの腕や胸で覆われているからお雛巻きで体を覆うのも同じような効果があるのかな?と感じました。
    毎回お雛巻きをしているとお母さんの体温を感じる機会が減り、コミュニケーションをとる時間も減ってしまうかもと考えて、我が家では家事をする間や首が座る前の夜中など時間や条件をつけてお雛巻きをしていました。
  • 季節に応じてお雛巻き

    ただ、このお雛巻き、寒い季節であればおくるみやブランケット等でくるくると巻いてしまえば保温効果もありますが、ジメジメした季節や夏などはまだ体温調整がうまくできない月齢の低い赤ちゃんだと汗をかくなどの心配も出てきますよね。
    そんな時期は薄手のバスタオルや沐浴に使う裏ガーゼのバスタオルを使い、汗をかいていないかチェックしたり、産科や小児科の先生に相談しつつ進めてみるのがいいかと思います。

みんなへメッセージやアドバイス

お母さんも生活リズムがつかめない産後時期、参考程度にしてみてください!
1

上へもどる