カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産婦人科・産院 >
  4. 【産院選び】私は個人医院を選びました!
産婦人科・産院

[6w]【産院選び】私は個人医院を選びました! [妊娠・出産の体験談]

693人に読まれました
2016-06-16 10:14
妊娠かも?と思ったら、まず探すのが産婦人科だと思います。

妊娠を疑った際、私は仕事をしていたので、とりあえず仕事場に近い場所で探しました。
しかし、想像以上に健診費が高く、痛い思いをしました・・・

里帰りでの産院は個人医院にしました。地元では評判が高く、何より費用が安く抑えられたからです!

  • 健診は仕事場の近くで!

    私が産婦人科を選ぶにあたっては、これしか考えていませんでした。
    それで行った病院では、産婦人科でも健診だけを見てくれる病院でした。
    (健診までは見るが、出産については他の病院にいかなくてはいけない)

    また、他の病院から先生が来ているため、先生が曜日ごとに異なり、
    毎回同じ先生に見てもらうことは出来ませんでしたし、
    健診費は助成されたとしても高く、痛い出費でした・・・

    ただ出産については、地元へ帰り里帰り出産の予定でしたので、
    それまでの辛抱と思い、通っていましたね。


    それほど大きい病院ではないのですが、婦人科の他に内科や外科、整形外科、皮膚科、小児科などがあり、待ち時間は長かったのを覚えています。


  • 出産をする病院を決める。地元での選択肢。

    地元には産婦人科が少ないので、私の中の選択肢では既に2つまで絞られていました。
    ①総合病院の産婦人科
    ②個人医院の産婦人科

    地元を高校生で離れてしまったため、情報があまりなく、
    地元で結婚・出産している友達から聞いたりと情報を集めました。

  • ①総合病院の産婦人科

    【goodな点】
    医療設備が整っており、「もしも」の時の安心感。
    LDRで部屋で陣痛⇒出産⇒産後の生活が送れる。
    全部屋個室。

    【badな点】
    大きい総合病院のため、健診の待ち時間が長い。
    設備やらサービスやら整っている為、費用が高い。
  • ②個人医院の産婦人科

    【goodな点】
    規模が小さい為、妊婦さんと助産師さんとの関係性が密になる。
    料理が美味しい(口コミより)
    地元では評判の高い病院であった。
    費用が安い。(総合病院と10万の差がある)

    【badな点】
    部屋数が少ない。個室が空いていない場合も有りうる。
    もしもの時は、ほかの病院(①)へ搬送。

  • 私が選んだポイントとは。

    上記のように情報を集めた私が、個人医院に決めたポイントとは・・・
    やはり費用が一番でしょうか。
    それとアットホームな個人医院の方が過ごしやすそうに思ったので。

    実際、入院中はご飯は美味しいし、お風呂も綺麗だし、
    母乳のケアに力を入れており、授乳の際は、毎回呼び出しし、授乳方法について見てもらえるので、とても安心しました!

みんなへメッセージやアドバイス

大きい病院の方が何かと安心という気持ちはもちろんありますが、
個人医院にもいいところがたくさんあります!
私は個人医院にして良かったと思っています。次の出産があるときも、同じ病院を選びますね。
1

妊娠6w前後の体験談

上へもどる