カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. 生後3ヶ月のあそび方
遊び・あやし

[0歳3ヶ月]生後3ヶ月のあそび方 [育児の体験談]

248人に読まれました
2015-12-16 20:42
この頃息子はこぶししゃぶりにまっており、気がつけばまるごとこぶしを口に入れてオエッとなっていました。また手を上にかざして見たりして「これは一体なんだろう」とでも言うようにしげしげと見つめていました。
そんなかわいい仕草もつかの間ですぐ飽きてしまい泣くようになったので、今度はプレイジムを与えました。少し早いかなとも思ったけれどこれは正解でした。私の買ったプレイジムはカサカサのついたマットにおもちゃを吊り下げる棒みたいなのがついてるタイプです。三ヶ月の赤ちゃんはまだ寝返りもできませんし、基本寝てる状態ですよね。なので上におもちゃがぶらさがっていると興味津々でした。手を上にかざすくらいなのでおもちゃに触ったりして遊んでいました。が、それもつかの間で段々興味を示さなくなり、そのあとはスーパー袋や音の出るものを握らせるようにしました。音の出るもの(特にガサガサするやつ)はどの赤ちゃんでも興味を示しますよね。ガサガサさせながら動かすと目で追うようにもなりました。

こんな感じでほんとは汚いから触らせたくはなかったけど、どうしても家事をしたいときなどはスーパー袋などを与えて時間稼ぎしていました。丁度夏場の暑い時期だったので私が外に出たくなく基本家でひきこもっていましたが、今思えば公園に連れていけばよかったなと後悔しています。

うちの子は音楽が好きなので、上記の他に歌を歌って手や足を動かさせたりもしました。

みんなへメッセージやアドバイス

優しくあんよをイチニッイチニッとするだけで運動になるみたいです。
1

上へもどる