カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 離乳食 >
  4. 生後半年*食事エプロン何えらぶ?
離乳食

[0歳6ヶ月]生後半年*食事エプロン何えらぶ? [育児の体験談]

2570人に読まれました
2016-08-29 16:33
食事中、洋服を汚さないようにつける食事エプロン。

よくキッズコーナーのところに置いてある食事エプロンは、

★ナイロン素材のエプロン
★シリコン製のエプロン
★プラスチック製のエプロン
★プラスチックとシリコンで作られたエプロン

をよく見かけると思います。


私の子どもたちが食事エプロンを使っての感想ですが、ナイロン素材のエプロンは、食べこぼしのポケットが広がりにくいので、食べこぼしを少なくしたいと思うお母さんにはあまりオススメできないです。
ですが、洗濯ができ、種類も、そでつきの食事エプロンや、デザインがオシャレの食事エプロンなどたくさんあるのと、値段も安いです。
持ち運びも場所を取らないのもいいですね。


シリコン製の食事エプロンは柔らかいので、食事エプロンを着けることを嫌がる子どもが少なく、食べこぼしのポケットも広がっているので、ある程度の食べこぼしはポケットに収まり、食事後の掃除も楽チンです。お皿などと一緒に洗えるので便利です。
持ち運びもくるくる丸めて持って行くことができます。デザイン性がないのが残念です。


プラスチック製の食事エプロンはプラスチック部分が硬く、痛いのか、子どもが着けるのを嫌がることがあります。食べこぼしのポケットは一番しっかりとしているので、後片付けはとても楽チンです。
キャラクターの食事エプロンは一番種類が多いかもしれないです。

最後は首部分がシリコン製でポケット部分がプラスチック製の食事エプロン。シリコン製とプラスチック製の良いとこ取りをしています。ですが、種類は少ないです。

みんなへメッセージやアドバイス

食事エプロン選びの参考にしてみて下さい。うちの子たちはシリコン製の食事エプロンを使っています。
1

上へもどる