カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. バルーン処置!出産間近なのに子宮口が開かない!
出産

[40w]バルーン処置!出産間近なのに子宮口が開かない! [妊娠・出産の体験談]

1397人に読まれました
2015-12-19 14:17
私の体重増加により、栄養がよかったのか、1人目の出生体重は4030g。。
きっと9日間の予定日超過も子供が大きくなってしまった要因かもしれませんが。。
普通、予定日が迫ってくると子宮口が少しずつ開いてくるのかと思うのですが、私の場合は予定日1週間前になっても1cmも開いていませんでした。
赤ちゃんも大きくなっていたので、予定日までに陣痛が来なければ、処置をすることになったのです。
  • バルーンで1日入院!

    バルーンは簡単に言うと、人工的に子宮口を広げる処置のことです!
    私の場合。。
    処置をしてて1日入院。処置自体は痛みはなく、何かが挟まっている感じがあるだけ。
    処置後刺激になるように、真夏の、しかも空調の効いていない院内の階段を登ったり降りたりを永遠させられました。だんだん軽い生理痛のような感覚が来ましたがこれといって変化はありませんでした。
    夜中バルーンを外してようやく子宮口が2cmまで開き、よく朝退院です。
    本来なら処置後、数日で陣痛がくるようですが私にはあまり効果がなかったようです。
  • バルーン処置は保険適用外‼︎

    退院時の請求額を見てびっくり!
    この処置、保険適用外で、私の場合、6万円かかっていました。。
    初めに言っといてほしかったなぁ、というのが正直な気持ちでしたね。。
    そもそもこうなったのは私のせいなんですけどね。。
    体重が極端に増えると、なんと産道にまで脂肪がつき、いろいろな妨げになる。何度も産院で言われていたのに。

    とにかく、安く、早く、安全なお産をするなら体重管理!体重管理が全てを左右する気がします。

    ちなみに、1人目の出産時間は20時間、費用は実費で21万円。経験をふまえて臨んだ2人目の出産時間は3時間、費用は実費で6万円でした。

みんなへメッセージやアドバイス

次は陣痛と陣痛促進剤について書きます。
1

妊娠40w前後の体験談

上へもどる