カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. つわりが原因で逆流性食道炎に!妊娠初期の入院
つわり(悪阻)

[7w]つわりが原因で逆流性食道炎に!妊娠初期の入院 [妊娠・出産の体験談]

4611人に読まれました
2016-04-07 16:10
2度目の検診が終わって次の日に、朝から今までにないつわりがあり病院に行きました。

病院につくと、すぐに診察室に呼ばれ症状を説明すると、先生にすぐに入院するように言われました。
あまりにも急な入院に焦ってしまっていると、先生から「脱水と吐きすぎたことによる逆流性食道炎を起こしているから、吐くのを抑えるためにもすぐに入院した方がいいんだよ」と言われ、入院が決定しました。

病室に行くとすぐに採血がされ、その後に点滴をされました。
点滴は4種類あると言われ、それを24時間順番に投与されました。

水分をとったら吐いていたのも、点滴に水分が入っていたこともあって脱水はその日のうちに良くなり、楽になりました。

でも、やはり吐くのは治まらず何も食べていない状態だったのでただひたすら胃液だけを吐く感じになり、苦しかったのを覚えています。

それから変化があったのは入院して3日目のことでした。
点滴の効果もあり、吐くことが減り、先生から病院食を食べてみるか提案されたのです。

吐くの怖くなっていた私は少し抵抗があったのですが、食べれそうな時に食べておかないと栄養が取れないと思い、その日から病院食をお願いすることにしました。

病院食は食べやすいような味付けになっていることもあり、思ったより食べれたことにびっくりしたのと、久しぶりにまともに食事ができたことが嬉しかったです。

少しずつ食べれるようになり、点滴の本数も減っていったころに退院の予定を言われ、
約1週間ちょっとで思ったより早く退院することができました。

みんなへメッセージやアドバイス

つわりで1番酷いのは水分を取れないことだと先生に言われました。
私はその先生の忠告を受けていながらも心のどこかで大丈夫と思い、その結果入院することになってしまいました。
入院するほどまでになってしまってからでは本当に辛いです。
なので、水分すらも受け付けないようでしたら、必ず医師に相談して、勝手な判断で無理をしないようにしてください。
1

妊娠7w前後の体験談

上へもどる