カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 酷いつわり。対処法は?
つわり(悪阻)

[8w]酷いつわり。対処法は? [妊娠・出産の体験談]

537人に読まれました
2015-12-20 14:00
私は妊娠が発覚した4週目の時からつわりがあり、そして酷かったのです。
つわりが酷すぎて入院をする事にもなり、とにかく辛い毎日でした。

なんとかしてつわりが治まらないかと思い、ネットを検索してみたり雑誌を読んでみたりしたのですが、あくまで参考であって自分に合うかと言ったらそれはまた別の問題でありました。

そこでまず私が試したのは、飲み物です。
食べ物が食べられなくてもせめて水分だけでも取らなくてはとゆうのがあったので、まずは好きな飲み物から試してみました。

色々試してみて良かったのが、ポカリスエット、オレンジジュース、水、ほうじ茶の4種類でした。
と言ってもポカリスエットやオレンジジュースは飲みすぎると糖分の摂りすぎになってしまうといけないので、主に水とほうじ茶をメインに飲みました。

次に食べ物です。これが1番苦労しました。
ご飯の匂いはもちろん大好きなお肉ですら見たくもないほど気持ち悪くなってしまっていたので、色々なものを試すと言ってもそれすら嫌でした。

どうしようか悩んで、すでに妊娠を経験している友達に聞いてみることにしました。
すると、その子からポテトがいいよと聞いて、さっそく試してみることにしました。

作ったりすることが辛かったので、フライドポテトを買いに行き食べると、不思議なことに全然気持ち悪くならなかったのです。

油で揚げてあるものだとどうしても気持ち悪くなりそうなイメージがあったのですが、そんなことは全然なく、以外でした。

そこから色々試してみて、あることに気付きました。
妊娠前はあまり好きではなかったものが、妊娠してつわりが始まると食べたくて仕方がなくなっていたのです。

私の場合は、ゼリーやフルーツ。特に柑橘系の食べ物を好んで食べるようになりました。
むしろ大好きだったお肉系が全くと言っていいほど食べられなくなったのはショックでした。

でも、つわりの時は食べられなくても仕方ありません。
食べられるものを食べられる時に食べるのが1番いいと思います!

みんなへメッセージやアドバイス

つわりは人それぞれ良い悪いが違います。
だから、自分に合ったものを少しずつ試していって見つけるのが良いですよ。
0

妊娠8w前後の体験談

上へもどる