カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 着替え >
  4. サイズだけじゃない?子供の靴選び。
着替え

[1歳2ヶ月]サイズだけじゃない?子供の靴選び。 [育児の体験談]

393人に読まれました
2016-08-23 16:55
歩くことが上手になってきて、ファーストシューズを購入していざ公園デビュー!
日に日にどんどん歩けるようになってきて、感動しているのもつかの間。
あっという間に足のサイズが成長していて、すぐに次のシューズを購入しなければなくなります。
赤ちゃんの成長のスピードとはすごいものです。お父さん、お母さんのお財布も大ダメージです。
なので、失敗はしたくない!ですよね。

そんな時には、なんとなくではなくて面倒でもちゃんと測ってもらうことをおすすめします。
  • 子供靴専門店でサイズチェック。

    そろそろ次のスニーカーをと思い、子供靴専門店にお目当てだったスニーカーの在庫を探しに行った時のことでした。
    初めて行ったお店だったのですが、コンピューターで細かい数値でサイズが測れるというサービスがあったのでお願いすることにしました。

    以前行った靴屋さんでは、木の板のようなものに乗ってそこに書いてあるメモリをみるというものでした。それでとくにサイズは問題なかったのですが、今回はなんとなく面白そうくらいのノリでチャレンジ。


    いやいやの息子にどうにかして十数秒、専用の台の上に立ってもらい計測。
    現在の足の実寸と、足幅、足の形などが印字されてでてきました。
    それを元にスタッフさんに見てもらったところ、バランスとして足の幅があるタイプなので
    サイズにぴったりすぎるものを履くときつく感じる場合があると教えてもらいました。

    まさに。母親である私も足幅が広くさらに甲が高い。遺伝だなーと思いました。

    そして計測後、お店にあるもので足幅がゆったりしているメーカーのものをいくつか案内してもらいました。お目当ての靴はその中にあったので一安心。
    無事に欲しかった靴を購入しました。

    事前の計測が無ければ、とにかくいろいろ履かせて歩かせて…となっていたので履きやすいものをしぼってくれたのはありがたいなと思いました。

みんなへメッセージやアドバイス

その後の生活の中で、いろいろな場所でいろいろな靴を試し履きさせたりしたのですがかなりメーカーによって差があること、同じサイズでも履かせ方が違う(ベルクロとスリッポンなど)だけで入らないこと。などなど経験の中からわかることもたくさんでしたー。

それでも一旦、計測してもらってベースを作っておくだけでその後の靴選びもかなり楽になるのではないかと思います!
1

上へもどる