カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. もうすぐ出産!忘れちゃいけないパパの準備 その1
パパの準備

[35w]もうすぐ出産!忘れちゃいけないパパの準備 その1 [妊娠・出産の体験談]

1217人に読まれました
2015-12-21 23:00
予定日まで残り3週間となった頃、入院中の主人の食事の準備を始めました。
主人は結婚するまで、ずっと大学院で研究漬けの生活を送っていたため、
食事は全て学食で済ませていました。つまり全く料理が出来ないのです…
唯一知っているのが、電子レンジの使い方でした…

私が入院している間の、主人の食事が一番心配でしたので、主人が一人でも
食べられる物を事前に色々と準備しておきました。
炊飯器の使い方を知らない主人の為、始めにご飯を大量に炊き、1膳ずつラップに
包んで冷凍保存しておきました。そして解凍したご飯と一緒に食べられるように
カレーライス・ハッシュドビーフ・牛丼・親子丼・中華丼などのレトルト食品、
冷凍食品のスパゲッティーや、チャーハン、ピラフ、鶏の唐揚げなど、料理が出来ない
主人でも温めれば、すぐ食べられるものを冷凍庫一杯に用意しておきました。

そして退院後は、すぐに動けない事も想定して、切り干し大根やきんぴらごぼうなどの
煮物、煮豆、焼きおにぎり、炊き込みご飯、肉味噌、ハンバーグなど冷凍保存できる物を
大量につくり、小分けにして冷凍保存しておきました。また日持ちのする乾麺や缶詰類、
冷凍麺、甘味なども大量に購入しておきました。退院後は、思うように体が動かずキッチンに立つのは難しいと考えていたからです。

出産は何があるか分かりませんので、万が一入院が伸びた場合、そして退院後の回復期間を合わせて2週間分くらいの食事を用意しました。退院後は、自分でも想像以上に体のダメージが激しく、動く事が出来ませんでしたので、やはり用意しておいてよかったと思っています。

みんなへメッセージやアドバイス

出産は大仕事ですので、備え過ぎて備え足りない事はありません。特に産後は、体の回復を早めるためにも、食事はしっかりと摂りたいものです。
0

妊娠35w前後の体験談

上へもどる