カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. pupppを和らげるために試したこといろいろ
トラブル

[31w]pupppを和らげるために試したこといろいろ [妊娠・出産の体験談]

2345人に読まれました
2015-07-13 00:26
つらいかゆみを伴うpupppを何とかやり過ごすために、試行錯誤を繰り返しました。
  • 下着を綿100%に変え、裏返す

    わたしがpupppを発症したのは冬でした。当初は発熱インナーのような化学繊維を着ていましたが、ピリピリと違和感を感じるようになったため、綿100%のものに変えました。綿の中でも、ユニクロのエクストラファインコットンと無印良品のオーガニックコットンは柔らかくて着心地が良かったです。洗濯してもごわごわになりませんでした。下着の縫い目も痒みの原因になったので裏返し、ショーツはキャミソールの上からはき、ゴムが直接当たらないようにしていました。
  • ヨモギ茶

    Pupppにはヨモギがいいらしい、という情報をキャッチして取り寄せたのがヨモギ茶です。継続して飲んでいましたが、正直なところ効果はよくわかりませんでした。ただ、少しでも努力している、という気持ちになれたので、精神的には効果があったかもしれません。
  • アルテニーニローション

    まだ痒みが本格化する前につかっていました。ヨモギ成分配合の化粧水です。Pupppについて調べていると必ず検索に引っかかります。塗るとメンソールのようなすっとした感触で、一時的に痒みをまぎらわすことができます。ただ、痒みがピークの時は全く効果がありませんでした。
  • 保冷剤

    痒い部分に当てていると痒みがかなりまぎれました。常に保冷剤を握りしめ、痒い部分に当てていました。保冷剤はたくさんストックし、常に冷たいものに交換していました。
  • 氷の入ったバケツ

    手足には効果抜群でした。水で包み込む感覚が患部の擦れからくる刺激をなくしてくれるような感じで、非常にお勧めです。保冷剤よりも痒みがまぎれていました。ただ、バケツをひっくり返してしまうと大変ですので、注意が必要です。

みんなへメッセージやアドバイス

痒みのクールダウンを最優先にして体を冷やすことばかりしていましたが、一か所だけ、お腹だけは冷やさないように気を付けていました。私の場合、塗り薬は強いステロイドでも全く効かず、冷やすことでしか痒みを紛らわすことはできませんでした。
1

妊娠31w前後の体験談

上へもどる