カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ホームケア >
  4. 赤ちゃんの鼻づまり対策~吸引器がないとき~
ホームケア

[0歳2ヶ月]赤ちゃんの鼻づまり対策~吸引器がないとき~ [育児の体験談]

4714人に読まれました
2016-11-08 11:49
赤ちゃんの鼻詰まりは病気でなくとも割とよくみられる現象ですよね。赤ちゃんの鼻の粘膜は大人に比べてとても敏感。そのためすぐに鼻水や鼻くそが溜まってしまうようです。
病気ではない・・・でもなんだか授乳中に息苦しそう。フガフガ言っているけど大丈夫?今回は鼻が詰まった時の対策で有効だったものをご紹介します。
  • 赤ちゃんの鼻づまりはケアすべし

    病気ではなくても鼻くそがたまってフガフガいっている赤ちゃんは珍しくないでしょう。でも放置してはダメです。鼻が詰まる=息がしにくくなるのでやっぱりママやパパがしっかりケアしてあげなければなりません。授乳中の息継ぎがうまくできずに母乳やミルクの摂取量が減ってしまったり、熟睡ができなくなる恐れがありますよ。
  • 鼻づまりの対処法

    1.温める
    お風呂に入って体を温める、もしくは額から鼻をあったかい蒸しタオル等で温めてあげると鼻詰まりが軽減もしくは改善されます。

    2.鼻くそが奥に・・・
    綿棒で取ろうとすると赤ちゃんの鼻の穴って小さいですから例え赤ちゃん用の綿棒でも旨く取れずにさらに奥詰まってしまう事ってありますよね。そうならないようにまずはくしゃみを利用してみましょう。ティッシュをツンツンにして赤ちゃんの鼻の穴をこしょこしょします。すると・・・思いっきり2~3連発でくしゃみしてくれますよ。その時に鼻くそが出てきて取りやすくなります。

    3.仕上げは綿棒で
    浅いところまで鼻くそが出てきたら綿棒で優しくとってあげましょう。しかし、麺棒って赤ちゃんはかなり嫌がりますよね。綿棒の綿に母乳を含ませてみてください。おとなしくお鼻のお掃除をさせてくれますよ!また、お鼻のお掃除は赤ちゃんが眠っている隙に行うとより行いやすいです。

みんなへメッセージやアドバイス

ズビズビ鼻水が溜まっている時にもくしゃみをさせることはかなり有効です。大量に鼻水を出してくれます!後は綿棒ではなくティッシュで優しく上手に拭いてあげましょう。鼻水に関しては綿棒よりもティッシュの方が綺麗にとれますよ!あと、綿棒を使うときはくれぐれも鼻の粘膜を傷つけないように奥に突っ込むことは避けてくださいね。
0

上へもどる