カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 妊娠中はなぜ重いものを持ってはダメなの??
妊娠中の生活

[17w]妊娠中はなぜ重いものを持ってはダメなの?? [妊娠・出産の体験談]

789人に読まれました
2015-12-23 13:33
こんにちは^^

以前別々に賃貸を契約していたわたしたちですが、これからおなかが大きくなってくるにつれて、今まで通りの1人暮らしの生活が困難になるという予想から、先週引越しを行いました。
まだそこまでおなかが大きくなっているわけではないため、荷物を運ぶことくらいならいつも通りにできるだろうな~
なんて思っていたのですが、周りからは「ダメダメ!!」と慌てて止められてしまいました。笑

よくよく考えれば、妊婦さんはあまり重いものを持ってはいけないというのは昔からよく聞きますよね!
妊娠中に重いものをもつと、おなかの赤ちゃんにはどういった影響があるのでしょうか??

妊婦さんが重いものを持つ場合、一番赤ちゃんにとって危険な状況になるのが、「お腹と腰に負担がかかること」なのだそうです。
お腹はもちろん赤ちゃんを守っている場所ですので、物が当たって圧迫されるのはよくないですよね。
腰はなぜかというと、腰に負担がかかると血液の循環量が減り、血液が赤ちゃんにうまくいきわたらず、悪影響を与えてしまうことがあるとのことです。
そのため、腰やお腹に負担のかかるお米やビールのケースといった前かがみで抱えるものは持たないほうがよいのです。

わたしも引越し中になんどか重いものを持って運びましたが、腰に負担がかかっていたような気もして、改めて気を付けなければと感じました。
また、片手で持つ荷物の重量の限度は約6.7キロらしいので、それを超えない範囲で買い物袋などを持つことは特に支障がないとのことです^^

みんなへメッセージやアドバイス

どういう状況でも、荷物を持つ、ということは、万が一転んだ時にお腹を守れない可能性があります。
なるべくであれば、自分の身とおなかの子供を守るために、大きな重い荷物などはパートナーに任せることをおすすめします。

お互い協力しあってマタニティライフを送りたいですね^^
2

妊娠17w前後の体験談

上へもどる