カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 24週目。飛行機で実家へ帰省。
妊娠中の生活

[24w]24週目。飛行機で実家へ帰省。 [妊娠・出産の体験談]

740人に読まれました
2015-12-27 14:11
実家は飛行機で1時間、新幹線では4時間かかる距離にあります。

今回 お正月前に少しだけ実家へ帰省しました。

もともと新幹線の長時間は腰も痛くなり苦手でしたので飛行機を利用。
24週目での帰省です。
搭乗口を通過し、いざ飛行機の機内に乗ると、CAの方が妊娠に気づかれ、腰に当てるクッションを持ってきてくださいました。
ほかにもブランケットや、妊娠中、小さなお子さんを持つ方用への冊子、木製の小さなオモチャなどを頂きました。

CAの方は妊婦にとても優しくて出発前からとてもリラックスでき、安心できました(*^^*)
優しくされて嬉しかったなあ。

当初 心配していたお腹のはりもまったくなく、フライト中にもポコポコと動いてくれたので元気でいてくれてるとひと安心。

そしてあっ、というまに目的地へ到着しました。

出発する空港への距離も30分ほどで短く、到着した空港から実家へ帰るのも車で迎えにきてもらったので、身体も無理することなく、無事に実家へ着きました。


帰りの便に乗るときには、飛行機に乗る寸前で、担当の方が気づかれました。その方にタッチ&ゴーで使用している携帯を貸してください、と言われ携帯を渡すと画面になにやらピッと登録されてました。

きっと妊婦であること、みたいの登録なのか、この座席の人にはちょっと気を付けて見てね、みたいな登録をされたのだと思います。

またもや、安心して機内に乗ると。

CAさんのだーれも妊婦であることに気づいていません。行きの対応と全然違うことに戸惑いつつ、いつのまにやら目的地に到着してました(笑)

ま、ま、これが普通の対応です。

行きの飛行機内での対応が好すぎたため、ちょっぴり期待しすぎちゃいました。てへ。

心配していた飛行機での帰省もなにごともなく無事に終わりほっ、と、しました⭐
1

妊娠24w前後の体験談

上へもどる