カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 離乳食 >
  4. 我が家のパンの耳活用法
離乳食

[0歳8ヶ月]我が家のパンの耳活用法 [育児の体験談]

360人に読まれました
2017-01-19 15:27
我が家の家計の救世主!『パンの耳』です。

ご近所のサンドイッチ屋さんで無料でこれだけの量が入ったパンの耳をもらえちゃうんです。
  • パンの耳の使い方

    そしてもらったパンの耳を我が家ではこんな風に使い切ります。

    まず端っこの固い部分は卵と牛乳をまぜた液に浸してフレンチトースト風にアレンジします。
    パンの耳なのでちょっと固めですが、しっかり食べ応えのあるフレンチトーストができます。

    次はこどものおやつにアレンジ。
    パンの耳って子育て中の人にとって、とっても便利なんです!

    最初の離乳食の時期は牛乳に浸してチンして簡単に食べさせることもできるし、顎の力がしっかりしてきて固いものも少し食べられるようになったときにはパンの耳は細くコンパクトなので持ち運びにも便利で外出時などのおやつにもなります。
    パンの耳の細さはこどもの小さな手で持つにはちょうどいいらしく、娘も喜んでパクパク食べていました。

    そして、1歳を過ぎてだんだんと大人と同じようなものを食べられるようになってきたら、油で揚げて砂糖やきなこをまぶしておけば立派なおやつや朝ごはんになるんです。

    そして、残りは全部冷凍庫に入れておけば1ヶ月ぐらいは素敵なパンの耳ライフを楽しむことができます。
    ジップロックに入れておけばラップなしで保存できてしまいます。

    こんな風にもし近所にパンの耳を配っているお店があればぜひ活用してみてください。
    お金がかからないので惜しみなく食べさせてあげることができますよ。
1

上へもどる