カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 苦しい吐きつわりの中で唯一食べられた物。今はトラウマ
つわり(悪阻)

[8w]苦しい吐きつわりの中で唯一食べられた物。今はトラウマ [妊娠・出産の体験談]

14746人に読まれました
2016-03-07 18:15
つわり、とても苦しいですよね。
個人差はありますが、私は吐きつわりでした。
  • 吐きつわりが始まる

    妊娠7週目ごろから始まって、収まったのは16週ごろでした。
    体重も8kg減りました。(もともと太っていたので、痩せてちょうどいいくらいになりました)

    妊娠が分かってから、1週間ほど経過したころですかね、なんだか胃もたれしているような感覚から、一気にトイレにこもる生活になりました。

    とても寒い冬だったのですが、温かい物がとても嫌でした。
    水もなんだか受け付けずに脱水ぎりぎりでした。
  • つわり中に食べれたもの

    そんな中唯一のどを通ったのが、「りんご」でした。
    りんごジュースやりんごのゼリーなどりんご味のものなら何とか食べることが出来ました。

    特にりんごのおいしい時期だったのも要因かもしれません。
    コープさんの「ふじりんご」がとても甘くて、すりおろしたりして食べていました。
    水分もたっぷりなので、水が飲めなくても脱水にならなかったのはこのりんごのおかげかもしれません。

    しかし、つわりの時期にりんごを食べすぎたせいなのかつわりが治まってからも、産後もなぜかりんごが食べたくない。
    つわりを思い出してしまうから見たくも無い。
    とっても好きなのに食べられない。
    悲しいです・・・。

    皆さんもそんな体験きっとありますよね。

みんなへメッセージやアドバイス

つわりのトラウマって結構残りますよね。
唯一食べられた物が、つわりが治まってからは食べられない。
産後5ヶ月になってもまだ手が出ません。
とてもおいしい時期なのに、くやしいです。
1

妊娠8w前後の体験談

上へもどる