カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. それぞれの母乳
授乳

[1歳0ヶ月]それぞれの母乳 [育児の体験談]

486人に読まれました
2015-07-13 23:17
先月、3度目の出産をしました。
私は今まで一度も哺乳瓶を買わずに育児をしてきました。母乳が赤ちゃんに優しい本当の理由は私にはよく理解できていませんが、完全母乳で育てたかったのは、経済的な上に、作るという面倒がないこと、更には私が哺乳瓶を清潔に保つ自信がないことがその理由です。そして、私の貧乳からよく母乳が出たということと、乳頭が吸いやすい形であったこともラッキーでした。
一人目のおっぱいは妊娠後期にも入るとかなり張ってきて、臨月のころにはちょっと刺激を与えればジワーッと出てきました。産後は直後から赤ちゃんに吸ってもらい乳腺を一気に開通してもらいます。するともっともっとおっぱいは張り、血管が浮き出るほどパンパンです。母乳パットをしていないとすぐに洋服が汚れてしまうほど。赤ちゃんがおっぱいを吸っていた途中で口が外れてしまえば、シャーッとシャワー状態の母乳が赤ちゃんの顔に当たることもよくありました。
母乳はよく出る=よく作る=乳腺が詰まれば大変!=乳腺炎という方程式があります。(自作)
生後20日頃、詰まりがとれないかたーい部分が数カ所あり、気をつけてはいましたがあっという間に岩のように固くなり、熱を持ち、痛みを増し始めました。そしてとうとう私自身も39度の発熱でフラフラです。すぐに助産師さんにきて頂き、おっぱいマッサージで詰まっている部分を通してもらい赤ちゃんにあらゆる角度から飲んでもらい3日ぐらいかけて少しづつ解消されていきました。乳腺炎の辛さは出産よりも脅威だと今だに記憶しています。
乳腺炎になりそうだな。と思ったら葛根湯を飲むと少し解消されます。おっぱいが熱を持った時は冷やすと楽になります。
と、一人目の時はこんなに一生懸命だったおっぱいも二人目になると、妊娠中は大きくはなるが張ることはなく、産後直後もホワホワな張りのないおっぱいで、母乳パットもほぼ必要なく、赤ちゃんが吸えば作るという楽なおっぱいになりました。が、あっという間に吸われている感覚が無くなるので、時には足りてないのでは?と不安にもなります。
三人目の今回も二人目同様、張りはありません。それどころか、心配なのは食欲がわかないこと。二人目までは食べても食べてもお腹が空いていたのに、今回は母乳のために無理矢理食べている感じです。単純に歳のせいかな・・・(笑)
1

上へもどる