カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. 想像以上に協力的だったうちのパパ!
パパの準備

[23w]想像以上に協力的だったうちのパパ! [妊娠・出産の体験談]

2349人に読まれました
2016-06-16 11:02
結婚する前からうちの夫は子どもが好きで、よく「運動会や入学式はもちろんだけど、授業参観とかにも行きたい!」と言っていました。
なので、いいパパになるんだろうな~と思ってはいたのですが、そのいいパパぶりは私の想像以上でした。

  • パパママ学級参加

    市のパパママ学級は平日だったのですが、仕事を休んで参加してくれました。
    そのときは、人形を使った沐浴の練習や、10キロ近いおもりをつけての妊婦体験などをやったのですが、わりと積極的にやっていたのでびっくりしました。

    また、妊婦健診も一緒に行きたがったので、土曜日に予約が取れたときには一緒に行っていました。
    産婦人科は女性ばかりだから男性は付き添いでも行きにくいものなのかと思っていましたが、夫は「俺もエコーで赤ちゃん見たい」と言ってくれました。
    夫なりにパパになる準備をしていたのかもしれません。

  • お腹への話しかけ

    妊娠中、お腹に話しかけることもよくしてくれました。
    胎教のためにお腹の赤ちゃんに読んであげようと思い、図書館でよく私が絵本を借りてきたのですが、その絵本を読んでくれたりもしました。

    お腹への話しかけは、性別がなかなかわからなかったときには「次の健診では教えてねー」とか、もう37週を超えたときには「もういつ産まれてもいいよー」「パパが家にいるときに出てきてねー」などいろいろお話してくれました。

  • 立会い出産

    夫は、立会い出産を強く希望していました。
    一人目のときには私は里帰り出産だったので、もし仕事中とかだったらなかなか早く来ることができなくて立会いできないかもしれない・・・と思っていたのですが、朝方だったので病院に向かうときに連絡をして、すぐに駆けつけてくれて間に合いました。
    二人目のときは里帰りではなく自宅近くの病院を選びましたが、個人病院で立会い出産ができるところが一つしかなかったので、迷わずそこの病院を選びました。

    一人目も二人目も安産で、ポンっと産まれてしまったので、産まれたときの感動はあまり強く感じられなかったそうですが、痛みに耐えながら子どもを産むという行為を目の当たりにして、「母は強し」の意味がわかったと言っていました(笑)
    奇跡の瞬間に立ち会えるという意味でも、立会い出産をしてよかったなぁと思っています。

みんなへメッセージやアドバイス

出産前に、夫なりにパパになろうといろいろやってくれました。
そのおかげか、産後もオムツを替えてくれたり寝かしつけをしてくれたりするので助かっています。
男性はお腹が大きくなるわけでもないし産むわけでもないので、パパになる実感がわかないという人が多いと思いますが、こういうことを何か一つでもやっておけば、また少し意識が違うのではないかと思います。
1

妊娠23w前後の体験談

上へもどる