カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. おでかけ >
  4. いざ、帰らん!〜里帰りから自宅へ〜
おでかけ

[0歳1ヶ月]いざ、帰らん!〜里帰りから自宅へ〜 [育児の体験談]

271人に読まれました
2016-01-26 11:39
無事娘の1ヶ月検診を終え、自宅へ戻ることになりました。

里帰り先の実家から自宅までは…
電車で空港までは2回乗り継いで3時間、
飛行機で1時間半、
空港から自宅まで車で約30分程
と言葉にすると結構な工程、時間は約半日という大人でもちょっと大変かも!?という感じ。
産前までは乗り物好きな私は慣れっこだったので平気でしたが、産後本調子ではない私と首も座ってない娘、そしておむつなどの大量の荷物…2人じゃ絶対ムリ。
ということで、母にも同行してもらい、ついでに自宅に戻った後2週間程、育児や家事を旦那さんへ教育するという仕事もお願いしました。

いくつか帰るまでに準備したことがあります。
1つは乗り換え駅や空港など、通過するところの「授乳室」と「エレベーター」の場所を確認したこと。
その頃は1日10回位授乳をしており、また完母で育てていたので、授乳できる場所を確認しておく必要がありました。
また、娘はスリングとベビーカー、荷物はすぐ使わないものはキャリーバッグへ入れていく予定だったので、エレベーターの場所を把握し、電車ごとどの車両に乗ればスムーズに行くのかもシミュレーションしました。

2つ目は役割分担の明確化。
母と話し合った結果、授乳以外の娘の世話は母にお願いし、先導や搭乗手続きなどは私が担当することに。
というのも、母はよく電車には乗るものの、飛行機などは不慣れだったことと、乗り換え駅の1つには年中工事していて何度行っても理解するのが難しい駅があったので、直近まで利用していた私が先導する方がいいねとなったからです。

最後は、帰る道中にはいらない荷物は自宅へ先に送りました。
約3ヶ月程帰っていたため、段ボール2箱分と荷物もそれなりにありました。
これ持って娘連れて帰る…絶対ムリです(笑)

下準備をしっかりしておいたのと、娘も特にグズらすいい子にしていてくれたので、道中は特に問題なく済みました。
我が娘はとにかく動きたい子なので、基本ねんねしているこの時期の帰省が実は一番楽でした…。

みんなへメッセージやアドバイス

切符はどっち持ってる?とかを都度やってると地味に疲れます。
同行者がいる場合は予め役割分担を決めておくと、わちゃわちゃせずに済みますよ。
1

上へもどる