カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 幼児食 >
  4. 1歳のおやつ。
幼児食

[1歳5ヶ月]1歳のおやつ。 [育児の体験談]

375人に読まれました
2016-08-26 17:33
1歳8ヶ月の息子を育てています。
1歳過ぎまで驚くほど食べない子でした。
離乳食という時期はほとんどなかったに等しくて、とにかく口にするものだけを食べさせるもののそれも数口。

そんな息子でしたが1歳2ヶ月ごろから徐々に食べだして、1歳5ヶ月で断乳。
そこから破竹の勢いの食欲。
3食しっかりはもちろんのこと。それだけでは足りずにお腹が空いたとごねる。

間食としておやつに赤ちゃんせんべいなどを渡しても、何枚食べてももっともっと。
これはどうしたものかと悩みました。
  • 間食は食事の補助。

    あまり食べない時期でも、おやつなら食べることがあったのでそれまでは間食用のビスケットや赤ちゃんせんべいを常に用意していました。
    食べても1袋。なので勝手に頭の中で「間食=おやつ1袋」の図式が出来上がってしまってました。

    急に食べるようになった息子にその1袋はなんの足しにもなっていないように思えました。
    ちょっと食べてもまたすぐに何かちょうだいの嵐…。
    おかしを何度もあげるのは、なんだか罪悪感でいっぱいでした。

    ある日、腹持ちのいいものを…と思い普通におにぎりを食べさせることにしました。
    そうするとお腹がかなり落ち着くのか、その後もご機嫌に過ごしてくれるようになりました。
    なのでその日を境に、お菓子を間食にする日は減りました。

    間食で米って…。
    なんだか食べさせすぎのような気がして心配で、1歳半健診で思い切って栄養士さんに相談をしました。

    しかしびっくりそこでいただいた答えは。

    「それでいいんですよ!まちがってないよ!」

    といったものでした。
    栄養士さん曰く、いま息子のからだはたくさんのエネルギーを発散しているのと同時に必要としているということ。
    その為、食事時間の間にお腹がすくことは当たり前でそこでエネルギーになるものを食べさせることは問題ないとのことでした。
    むしろこれから虫歯などが気になってくるだろうから、市販のおやつは気をつけて芋やおにぎりをおやつのメインにしてくださいと言われました。

    それを聞いて一安心。
    なのでそれ以降、間食時間にごねるような時はしっかりおにぎりを作るか芋をふかして食べさせることにしています。

    その後の息子の様子をみて思ったのは腹持ちの良い間食は食いしん坊タイプにはご機嫌に過ごす為に必要なアイテムだと思いました。

みんなへメッセージやアドバイス

市販のおやつをあまり与えてないこともあって、時々お友達が来てくれた時などに用意して一緒に食べますが、とても感動してくれています…。


かなり活発なのもありますが、たくさん食べますが身長体重はちょっと小さめですが平均的よりです。
1

上へもどる