カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 予定日超過→入院①
出産

[41w]予定日超過→入院① [妊娠・出産の体験談]

1504人に読まれました
2015-07-14 11:54
予定日が近ずくにつれ、普通は子宮口が徐々に柔らかくなって1cmなり3cmなりひらいてくるはずなのですが。
私の場合検診のたびに全く子宮口がひらいていない。
赤ちゃんも下がってきていないとの事。
検診のたびに毎回まだまだ生まれる事はないでしょう!と言われていました。

私自身の身長は150前後なので、骨盤が小さい可能性があるからレントゲンを撮ってみましょう!という事になり、40wの予定日にレントゲンをとらせて頂きました。
結果、骨盤は問題無く赤ちゃんも骨盤にはまっているので大丈夫でしょうとの事。
また1週間後に検診に来て下さいと、その日は帰る事になりました。

そして1週間後の41w
子宮口は相変わらず全く開きません。
私は赤ちゃんが小さめだったという事もあり、これ以上お腹の中にいても良くない可能性もあるので本日(夜)入院して、バルーン(メトロ)を入れて子宮口を広げて、誘発分娩をしてみましょう!
という事になりました。

予定日が過ぎてもまだまだ大丈夫かな?と思っていたので、まさかの今日入院という事になり、その後はすごくバタバタしました。
予定日はとっくに過ぎていたので、入院準備は完璧でしたが。立会い分娩を希望していたので、旦那に連絡をとり仕事の休みを調整してもらったり、義母や自身の母に連絡をとって、早めにお風呂に入ったり夕食をとって夜の入院に備えました。

良くバルーンと言われている処置は、長い水風船の様な物を子宮口に入れて滅菌した水を注射器で注入して子宮口を広げていきます。
周りで何人かが経験した事があった為、すごく痛かったとか内診よりも痛くなかったとか色々な話を聞いていました。
内診よりも痛くない事を祈りながら、病院に向かいました。

みんなへメッセージやアドバイス

予定日を2週間過ぎると、胎盤機能が低下して赤ちゃんをお腹の中にとどめておく事が難しくなってきます。病院によって方針は違いますが、私の病院では予定日1週間過ぎると入院になります。
1

妊娠41w前後の体験談

上へもどる