カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 斜視の疑い?小児科医に言われ眼科へ。結果は問題なし
病気と症状

[0歳4ヶ月]斜視の疑い?小児科医に言われ眼科へ。結果は問題なし [育児の体験談]

3801人に読まれました
2016-03-25 12:31
娘が「目が寄っているように見えるね」と小児科医に言われたのは4か月の頃でした。
赤ちゃんが目が寄っているように見えることは、よくあることなのだそうで、
4か月ではまだ斜視かどうか判断しきれないそうです。

  • 2人の医師に斜視の疑いと言われた話。

    確かに、写真で見ると左目が中央に少し寄っているように見えますね。
    どの写真をみてもこのような寄り方のことが多かったのですが、カメラの方を見ているため、のような気もします。
    (4か月で入院したころに撮った写真なので腕に点滴のための包帯が巻いてあります)

    医師は言われるまでは全く気が付かず、むしろ、言われても寄っているのかよくわからなかったです。
    (たくさん私の体験談読んでくださった方は「またこのパターンか・・・」と思うかもしれませんが(涙))

    入院中に医師に言われ、その後の4か月健診でも斜視の疑いと言われ、
    東京小児総合医療センターの眼科に行くことになりました。
  • 診断結果は「仮性斜視」

    眼科にかかり、とても細かい診察を受けました。

    赤ちゃんの目をひく小道具を目の前でちらつかせたり、
    光を当てたり、カチカチ音を鳴らして注意を引いていたり、部屋を暗くしたり。
    なんだかとっても見ていて面白い診察です。

    結果、「仮性斜視」と診断されました。
    仮性斜視、というのはまだ目の筋肉がきちんと発達していない赤ちゃんが、
    上手く視線を合わせられないことで斜視のように見える、という状態だそうです。

    ということで問題はなく、赤ちゃんが成長していくにつれて治っていくものだそうです。

    経過観察として、1歳前にまた眼科にかかることになりました。

みんなへメッセージやアドバイス

小児科で斜視の疑いと診断されましたが、眼科で問題ないと言われてほっとしました。
目が寄っているように見えるママさんは、眼科の受診をおすすめします!
赤ちゃんの斜視は仮性斜視であることが多いそうです^^
4

上へもどる