カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ベビー用品 >
  4. 赤ちゃんの寝場所事情。
ベビー用品

[0歳1ヶ月]赤ちゃんの寝場所事情。 [育児の体験談]

567人に読まれました
2016-01-04 00:21
赤ちゃん用品を揃えるにあたり寝具と寝場所についてが悩みどころでした。
ベビー洋品店などに行くと、ベビー布団セットなるものがいろいろと売っていて
かなり必要そうな感じで並べられていたのでどうしようかと迷っていたのですが
産後の赤ちゃんの生活環境を考え購入を見送りました。


  • 産後の実家での生活。

    産後2ヶ月くらいまでは実家にお世話になることが決定しており、レンタルのベビーベッドを手配していました。
    ベッド用のマットレスもレンタルしていたので、ベッドパッドだけは購入をすることに。
    シーツに関しては大人用のものをたたんで使うことにしました。
    4月にうまれた息子だったので、東京ではすでに暖かくかけ布団などもいらないほど。
    大人用の夏掛けとバスタオルで事足りるとの母の助言により自宅にあるものを使用しました。

    実家にいた2ヶ月間はそれで済みました。
  • 自宅に戻ってみて。

    自宅は、引越しの予定があったものの当時は広めの1DKに暮らしていたので
    セミダブルのベッド以外にベビーベッドを置く余裕などありませんでした。

    そこでセミダブルのベッドに私と息子が寝ることに。
    夫にはリビング部分として使っていたスペースにお布団を適宜敷いて寝てもらう。
    という方式をとりました。

    仕事が遅い夫は寝るタイミングもこちらとは違うので、この方法だとお互いの就寝の邪魔にならず私も頻繁に授乳などがあったので気楽に過ごすことができました。
    そのため、息子用の布団というものはなく息子がごろごろするスペースに汗取り用のシーツを広めにひいておくくらいでした。
    お昼寝もベッドの上でさせていました。
    もちろん転落しないよう寝かせ方などを工夫してました。

  • 1歳過ぎて。

    その後、和室の寝室がとれる家に引越しをしました。
    そこではセミダブルのベッドに夫が寝て私と息子はそれぞれ敷き布団をひいて寝ています。
    というのも1歳前くらいからとにかく寝相が激しくなりベッドからの転落が目に見えていたので
    お布団で広々寝ることにしたのです。

    なので、寝具は全て大人と同じものを使用しています。
    結局ベビー布団セット的なものは必要なく過ごしたので購入を見送ってよかったと思いました。
2

上へもどる