カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 家事中の子守りはバウンサーで♪
ママの悩み

[0歳3ヶ月]家事中の子守りはバウンサーで♪ [育児の体験談]

3434人に読まれました
2016-01-04 21:58
里帰りを終えて自宅に戻ってから、一番の悩みは家事が思うようにできないことでした。
授乳・オムツ替え・抱っこと、赤ちゃんのお世話をしているとあっという間に時間が過ぎ、やりたかった家事ができないままに一日が終わることもザラでした。
そんな中、バウンサーを入手したことである程度家事をする時間を確保することができ、一気に生活がしやすくなりました。
  • ベビービョルン/ベビーシッターバランス

    入手したバウンサーは、ベビービョルン製のベビーシッターバランスです。
    高さを三段階で調節することができ、首すわり前の赤ちゃんは一番低い位置に調節して寝かせます。
    揺れ具合はお母さんの抱っこの振動を参考に作られているらしく、そのためか初めて乗せたときから息子も機嫌よく揺られてくれました。
    一緒に今治タオル製のバウンサーカバーもセットで購入したので、吐き戻しがあったときにはカバーを洗濯できるので、本体のカバーをその都度洗わずに済みます。
  • バウンサーを利用して家事の時間を確保

    軽いので、料理中にキッチンに置いたり、洗濯物を干している間に近くに置いたりと、簡単に移動できます。
    生後まもない息子はまだ自力でバウンサーを揺らすことができないため、私が揺らしてあげる必要があります。
    しかし料理中にずっと手で揺らし続けることはできないため、下品ですが足でちょんちょんと蹴って揺らしています。
    ぐずり出したら揺れを大きくしたり、機嫌がいいときにはあまり揺らさないでおいたりと、その時々で揺らし方を変えると比較的長い時間大人しく揺られていてくれます。
    その隙に家事ができるので、家のことを放置せずに済むようになりました。
    三ヶ月になった今では、揺らしながら目を合わせるだけで笑ってくれるようになり、いいコミュニケーションツールにもなっています。

みんなへメッセージやアドバイス

赤ちゃんのお世話をしながら家事の時間を確保するのは、低月齢のうちは特に難しいものです。
バウンサーだけでなく、メリーやベビーチェアなど、色々なものを駆使することで赤ちゃんの機嫌を損ねずに時間を捻出できるので、大変オススメです。
1

上へもどる