カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. お風呂・スキンケア >
  4. 赤ちゃんの美肌を維持するには
お風呂・スキンケア

[0歳3ヶ月]赤ちゃんの美肌を維持するには [育児の体験談]

4014人に読まれました
2016-01-05 12:24
大人の半分ほどの薄さしかない赤ちゃんの皮膚は、とっても敏感です。
しかもわが家では母親が乾燥肌で小さい頃にアトピーに悩まされ、父親も敏感肌と、息子も肌が敏感そうな要素がたっぷりです。
そこで退院後、入浴後の保湿を徹底して行うことにしました。
  • 入浴後のベビーローション

    まず購入したのが、ピジョンのベビークリアローションです。
    パッケージには「さっぱりうるおう」と書いてあります。
    ミルクタイプやオイルタイプもあったのですが、べたつくと息子が嫌がるかな?ととりあえずさらっとしたローションタイプに。
    まだそれほど乾燥しない時期だったのもあって、十分保湿してくれました。
    さらさらしているので塗るのも楽ちんで、息子もさほど嫌がりませんでした。
  • 新生児ニキビも撃退!

    生まれたときから湿疹が少しあり、退院してからは新生児ニキビに悩まされたのですが、保湿をしっかりすることでそれらも徐々になくなり、生後40日の保健師訪問のときには「お肌キレイですね」と褒めてもらえるほどに♪
    二週目相談のときに小児科の先生に湿疹について相談したところ、ひとまず保湿を、と言われたのでその言いつけをしっかり守った甲斐がありました。
  • ガサガサ肌はランシノーで追加保湿

    口元やほっぺがガサガサしたときには、ローションのあとでランシノーを重ねるようにしています。
    母親の乳頭トラブルでたくさん買いだめしていたので、思わぬところで役立ちました(笑)
    少しべたつきますが、ササッと塗れば息子も嫌がりません。
    ただ、抱っこして息子がほっぺを親の服に押し付けてしまうと、すぐに取れてしまうのが難点です。
    取れてしまったときにはこまめに塗りなおすようにして、ガサガサの乾燥もバッチリ撃退しました。

みんなへメッセージやアドバイス

大人よりも肌の薄い赤ちゃんには、大人と同じかそれ以上に丁寧な肌ケアが必要です。
病院での説明によれば、小さいときにしっかりとケアされた赤ちゃんは大人になってから肌トラブルに悩まされにくいようです。
せっかくのぷにぷにの赤ちゃん肌を守るために、日々のケアを心がけたいですね。
2

上へもどる