カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 保育園・施設 >
  4. 保育園に預けていた時、苦労したこと。
保育園・施設

[0歳11ヶ月]保育園に預けていた時、苦労したこと。 [育児の体験談]

1251人に読まれました
2017-01-16 16:40
息子は今では熱を出すことがなくなりましたが、身体がとっても弱かったです。
3か月でも4か月でも入院していますし、赤ちゃんのころからいつも風邪をひいていました。

そんな息子との生活に疲れを感じてしまったこともひとつの原因で、仕事をはじめ、0歳9か月から保育園に預け始めましたが・・・
  • 熱を出した回数は数えきれません。

    保育園に預け始めて3か目、息子の発熱ラッシュが続きました。

    熱を出して仕事を休まなければならなかったとき、職場ではあまり理解を得られませんでした。
    職場は女性が多かったですが年輩の方が多く、子育て中は女は家庭にいるのが当たり前な世代の方々で、風当たりが本当に強かったです。

    40度を超える熱もその月は2回出しました。
    月末にその月の保育園に行けた日数を数えてみたら、たったの5回だけ。
    私たち夫婦の実家は飛行機か新幹線でなければいけない遠い地域だったため、行けていない日は夫婦のどちらかが仕事を休んでいます。
    しかも5回のうち1回は高熱で早退・・・

    次の月になっても息子は月初めからインフルエンザにかかり、保育園を休みます。
    私は仕事を休みます。
    他の病気にもしっかり(悪い意味で)かかりました。
  • つらかったこと。

    子供が熱を出して、仕事を休むことは周りからの理解をなかなか得られず大変でしたが、熱を出している子供を夫に預けて自分が仕事に行くのもつらいものでした。
    子供が熱を出しているのにそばにいない自分を責めることもありました。

    熱を出した子供と何日も家にこもるのも、仕事に行けない後ろめたさもあり、精神的に参りました。

    保育園に通い始めは保育園の洗礼を受ける(たくさん病気をもらって免疫をつける)と言いますが、そんなレベルの話ではなかったと思います。

    そんなことが続き、本当に仕事を続けることが難しくなってしまいました。
    6か月くらいで仕事を辞めることにしました。

みんなへメッセージやアドバイス

保育園に預けての仕事は本当につらかったです。
世の中の働いているお母さん達は本当にえらいしすごいし尊敬します。

上の子は身体が強くなかったですが、下の子は熱をぜんぜん出しません。
上の子は小食であまり食べないですが、下の子はなんでもよく食べます。
育て方は同じなので、こればかりは体質なのかな、と思っています。

保育園に預けても、熱を出さずに休まずに通える子もいるようなので、そういう子であれば、仕事を休む苦労をすることはないのかもしれません!

いろいろ経験しましたが、私は家に入って育児をして本当によかったと思います。
その件についてはまた他に体験談を書きたいと思います。
4

上へもどる