カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 幼児食 >
  4. 食事の時に・・・息子のお箸練習!
幼児食

[6歳]食事の時に・・・息子のお箸練習! [育児の体験談]

283人に読まれました
2016-01-06 03:01
食事の時には穏やかな楽しい時間になるよう怒らない事を心掛けておりますが、幼稚園の年長あたりからはマナーもきちんと教えていかなければいけないと思いところどころ注意や練習を始めました。

今現在小学1年生の息子が練習しているのは・・・お箸の持ち方!!
練習は幼稚園の年中の時から始めましたが不器用で指の力が弱い息子には中々難しいようで幼稚園時代は上達が見込めなかったのですが、小学生になってからは本人なりに頑張っています。
練習を始めたばかりの幼稚園時代は2本のお箸を握ってしまって棒でご飯を掻き込むというまぁ、よくありがちな光景を我が家でも見る事が出来ました!
そんな息子も徐々に上達して、お箸を一握りに持つのではなく、1本1本を指で持つことを覚え、お行儀悪いですがお箸でお肉などの形の崩れにくいおかずを刺して食べるという技を覚えました。
ようやくここまで進化した息子もただいまスランプの真っ只中!
ここから進歩が見られません。きっと、親である私たち夫婦が根気よく教える事が必要なのだと思いますが、父親である旦那はお箸の持ち方がはっきり言って“下手!!”なんです。。。
必然的に私が教える事になります。
でも、息子自身が一生懸命、お箸でご飯やおかずを掴もうと頑張って練習しながら毎食食べているのを見てしまっているんです!
人から付きっ切りで教えてもらわなくても自ら学ぼうとしている姿を今、私が口を出すことによってその自ら成長しようとしている志をポキッと折ってしまったらと思うと、今の私は見守る事を選択してしまいました。
きっと、人によっては甘やかしだと感じる人もいると思いますが、こういう見守り方もありですかね?!
1

妊娠6歳前後の体験談

上へもどる