カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. マタニティーマークつけてちゃいけませんか?
妊娠中の生活

[13w]マタニティーマークつけてちゃいけませんか? [妊娠・出産の体験談]

15291人に読まれました
2016-06-16 16:21
不妊治療の末、待望の第一子を授かり、やっと手にしたマタニティーマーク。
でも悲しい事に、世の中にはマタニティーマークを良く思わない、不快に感じる方も
多いようです。

実際私も妊娠中に、何度か不快な経験をしました。
妊娠判明直後から、酷い吐き悪阻の為、外出はもちろん布団から出る事さえも困難でした。
しかし夫婦共に、家族は遠方の為、夫婦二人で頑張るしかありませんでした。
ある日、主人が長期出張の為、何とか用事を足しに区役所まで行ったときのことです。
立っていられない程の目眩と吐き気で、仕方なくタクシーで帰宅しました。
その際乗車したタクシーの運転手さんに言われた事。
「妊婦なんだから、具合悪くても運動がてら歩いて帰れば。だいたいお宅の場所、道路狭いから入りたくないんだよね。車こすったら面倒くさいし。今度乗るなら駅前から乗らないでよ。反対側から乗ってくれれば、広い道路走れるからさ」確かに我が家は、狭いトンネルを抜けた先にあり、車幅制限もあります。でもタクシーは通れる幅ですし、実際タクシーの往来はよくあります。

その場で文句を言いたかったのですが、そんな元気は無く、後日タクシー会社のHPから意見したのは言うまでもありません。妊娠初期でしたので、見た目には妊婦とは分かりません。マタニティーマークを見ての発言だったのでしょう…

その他公共交通機関では、つり革につかまって立っていた私にむかって、初老のご夫人が、大きなため息をつき「そんなマークつけて席譲れって言ってんでしょ!」と捨て台詞を吐かれたこともありました。

世の中には様々な意見があります。時には深く傷つけられることもあるかもしれません。
でも今のあなたは、そんな事に一喜一憂するほど、弱くはありません!
だってお腹の中には、大切な命が宿っているのですから。
その命を守れるのは、あ母さんだけなのですから。

みんなへメッセージやアドバイス

マタニティーマークに関しては、これからも色々と議論されることがあると思います。でもこのマークは、意見を闘わせるためのものでは無く、大切な命を守るためのマークです。
そのことを、他の誰でもない、お母さん自身が忘れないで下さい。
0

妊娠13w前後の体験談

上へもどる