カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. お正月、もち回避の日々
授乳

[0歳2ヶ月]お正月、もち回避の日々 [育児の体験談]

348人に読まれました
2016-01-06 04:32
母乳育児をしていて、餅をたべるのはちょっとこわいのです。
  • 乳腺炎にはなりたくないっ

    本当かどうかはわかりませんが、おもちは乳腺炎になりやすくなる食材というのをきいたことがあります。

    昔、おもちは高カロリーなこともあり、母乳をよく出す食べ物として勧められていました。
    しかしそれは昔の粗食時代の話。

    現代では野菜、肉、魚とバランスよくお米もしっかり食べられるので、おもちは逆に高カロリーすぎるんですよね。

    出産後、家に遊びに来てくれたおばあちゃんとおじさん、おばさん。
    たくさんのお餅を持ってきました。

    お餅は好きだし、食べたくないわけじゃない。
    でも万が一、それで乳腺炎になったりしたら大変。普通の栄養はとれているのでリスクを承知で食べるより1年くらい我慢しようと思いました。

    でもせっかくいただいたのにいらないというわけにはいかず、いただいて父にすべて託しました。笑

    その後のお正月の三ヶ日過ぎた頃。
    お昼時にお邪魔したところ、お赤飯がでてきました。
    お赤飯て、ごま塩かけたら別におかずいらないですよね。だからかな、まぁおかずはなかったんです。笑
    そこに、手作りのおはぎ。まじか。
    もち米しかない。

    そこでもいただかないのは失礼なので、お赤飯少々、おはぎは母と半分にして食べました。

    そして今回はちゃんと言っておきました。というか、従姉妹が言ってくれました。
    もち米たべたらやばいんじゃない?の一言から、少し大げさに。

    実際友人が乳腺炎で40度の熱をだしているので、こわいですよね。
    良かれと思ってやってくれているので、申し訳ないですが悪意のない余計なお世話は時につらいですね。
1

上へもどる