カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 私はつわりをこう乗り越えた!私のつわり対策法5つ
つわり(悪阻)

[6w]私はつわりをこう乗り越えた!私のつわり対策法5つ [妊娠・出産の体験談]

3656人に読まれました
2016-02-16 17:58
私が妊娠に気づいたのは妊娠4週のころ。生理予定日1週間前におりものに少量の血液が混じり、フライング検査で妊娠陽性反応が見られました。
  • ■妊娠5週からつわりがはじまる■

    そして妊娠5週からつわりがはじまりました。
    はじめは胃がムカムカする程度で吐くことはなかったのですが、妊娠6週目には吐きつわりになり、7週目からは毎日複数回の嘔吐。2か月で-4~5キロ減るほどつわりがひどかったです。
    つわりを経験して思いましたがつわりってただ気持ちが悪いだけじゃないんですよね。嘔吐を繰り返すことによって胃酸が逆流して口腔内や咽頭に不快感やしびれを伴ったり、唾液過多によるためかお腹に空気が溜まりやすくてゲップばっかりでてこれもまた気持ちの良くない感覚なんですよね。

    私はもともと乗り物酔いや食べ過ぎで嘔吐することがあったので吐くことに関してはある意味一般の方より慣れていたんだと思います。吐き方がわからないって方もいるみたいですね!その点私は苦労はしませんでしたが・・・やっぱりとてもつらい毎日でした。つわりって本当に人によると思いますが、大半の人が妊娠中期にはおさまります。胎盤が完成したころに吐き気がおさまるという説があるみたいですね。今回は私がつわりの時期に乗り越えた術を紹介します!
  • ■私がつわりを乗り越えた術■

    ①食べれそうなものを食べる
     つわりの時はとにかく直感でこれならいけそう・・・っというものを食べました。私の場合、果物(いちごとか)、冷やし中華。
    ②気持ち悪くなったら吐く
     無理に抑え込もうとせず吐きました。食べてから時間がたつと胃酸で余計に気持ちがわるくなるので、消化する前に吐いてしまうようにしていました。食べて吐くの繰り返しって感じです。
    ③水分摂取はなるべく意識的に!
     この時期のあかちゃんは水分摂取さえ怠らなければ勝手に大きくなってくれます。とにかく水分摂取だけはがんばって行いましょうね。
    ④仕事は無理をしない
     なかなか休みにくい仕事。でも、食べてない状態で働くことって本当に辛いことですよね。無理するとストレスになってあかちゃんにもよくありません。私は福祉の現場で働いていまして、つわり中はめまいなども伴っていたためリスク管理のことを考えて休みを申請しました。残念ながら理解してもらえず退職することになりましたが、悔いは残りませんでした。むしろ良かったです。退職後は尿蛋白も改善され、つわりも何故か軽くなりました。その後はマタニティーライフを謳歌して元気なあかちゃんを産み、今に至るわけです。仕事が辛かったら無理せずに。あかちゃんと自分の身体を優先してくださいね。何かあっても職場は責任とれませんよ。
    ⑤横になる
     食べれないことで体力低下すると思います。最低限のことだけしてゆっくり体をやすめましょう。つわりで辛いのはだいたい初期の2か月間です。2か月間は辛いのだと割り切って生活すると先が見えて頑張れるのではと思います。

みんなへメッセージやアドバイス

現在つわりで辛い思いをしているプレママさん。つわりはかならず終わりがありますからね!無理しないでください。きついと思ったらきついのです。甘ったれているわけじゃありません。自分の身体とあかちゃんを大切にしましょう。
2

妊娠6w前後の体験談

上へもどる