カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. 気の持ちようとか言わないでね。つわりはどうにもできないときもあるのよ。
パパの準備

[9w]気の持ちようとか言わないでね。つわりはどうにもできないときもあるのよ。 [妊娠・出産の体験談]

771人に読まれました
2016-01-09 23:37
義妹が、二人目を妊娠しつわり真っ只中です。
一人目のときはほとんどつわりがなかったそうで、戸惑うことも多いとか。義母・義妹にとっては実の姉にあたる義姉もつわりが軽かったそうで、体質的に遺伝しているのでしょうか。ともかく、今は食事の支度や上の子のお世話もままならず、寝込む日々だそうです。

近くに住む義父が、時々買い物を手伝ったり孫と出かけたりしているそうなのですが、寝込むほどのつわりというものを理解できない様子です。
夫との会話の中で、「気合が足りてないんだ」みたいなことをしきりに言っていて、なんだか嫌な気分になりました。
仕事一筋に生きてきた団塊世代にはありがちで無理もないのかもしれませんが、問題はそんな義父に同調していた夫です。
私自身、3度の妊娠中、つわりのピーク時は何も手につかず、子供の世話・習い事の送迎、家事全てを実母に泊まり込みでサポートしてもらっていました。
特に、3人目のときは出産直前まで体調不良が続き、週末はぐったりの日々。夫はそれでも、家事育児に非常に協力してくれていて、理解してくれていたんだと思っていたので、かなり残念に思いました。あの時も、気の持ちようでどうにかなると思われていたのかな・・・。

つわりの症状は人それぞれ、気候や気分に左右されることもあります。
ホルモンバランスが大きく変化するので、気持ちが不安定になり、気力を奮い立たせることが難しいことも多いです。
だから何もしなくていいということではなく、気力とかじゃどうにもならない状態が、人によって、妊娠する毎に違うということを少しでもわかってもらえるだけで違うと思います。
パパにそんな状態を受け止めてもらうって、精神的にもすごく落ち着くので、男性には実感しがたいことですが、つわりを一緒に受け止めて寄り添ってもらえたらなと思います。
0

妊娠9w前後の体験談

上へもどる