カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 帝王切開(立会い分娩)④
出産

[41w]帝王切開(立会い分娩)④ [妊娠・出産の体験談]

1946人に読まれました
2015-07-14 22:54
立会い分娩をして、旦那に産声をとってもらいました。
  • 病室での準備

    手術準備は部屋に助産師さんが来て行いました。

    まずは剃毛
    ジェルをつけて、安全ガード無しのカミソリで剃ります。肌が弱かったのでカミソリ負けして血が出ていました。腹部から恥骨あたりまでを剃ります。

    次に浣腸
    次の日に尿管がとれるまでトイレに行く事ができないのと、腸閉塞防止の為に行います。でっかい注射器に液体が入っていて、点滴の様なチューブがつながっています。横向きになって助産師さんがお尻に入れてくれます。
    液体が入った瞬間から猛烈にトイレに行きたくなり、トイレまで間に合わなそうでした。
    5分くらいこのままでいてね〜なんて言われましたが、絶対に間に合いません!2分くらいでしたが、問題なかったので大丈夫だと思います。

    最後に点滴です
    次の日の昼まで絶食なので、栄養剤と産後の子宮収縮剤を入れます。
    点滴は次の日の夜にとれました。

    時間がくるまで、手術の説明や同意書などにサインをして手術の時間まで待ちます。この時にメイクをおとしたり、メガネや指輪などを外しておきます。
  • 手術室での準備

    時間になると助産師さんが部屋まで迎えに来てくれて、旦那と手術室に向かいます。

    旦那は全室で帽子、マスク、ガウンを着て呼ばれるまで待機しています。

    私は、下着を脱いで助産師さんに渡して手術台に寝転びます。手術台に上がると手足が固定されて、血圧計、心拍モニター、血栓防止のポンプなどを足につけられ尿管をいれられます。
    尿管を入れるとトイレに行きたい感覚におそわれ気持ち悪いですが、尿管を入れられると同時に麻酔をされた為、そんなに気になりませんでした。
  • いよいよ手術

    助産師さんに手伝ってもらいながら横向きになってエビの様に丸まります。お腹の大きい妊婦だと、これが重労働。

    背骨の腰のあたりに消毒をされるのですが、これがくすぐったいやら冷たいやらで動いてしまいました。
    逃げないで背中で押し返して!と促せられながら、下半身麻酔の注射をします。麻酔は脊椎麻酔です。麻酔の痛みは、人によって激痛な人もいる様ですが。私は、注射の痛みと変わらなかったような気がします。

    麻酔が終わると同時に旦那さんが入室します。私は酸素マスクをつけたり、消毒をしていよいよお腹を切ります。病院によって縦切りや横切りがあるのですが、私の病院では横切りで、傷が隠れる為ありがたかったです。

    消毒をぬっている時はわずかに感覚があったのですが、切られている感覚は全くなかったです。寝ちゃいけないけど眠いな〜という感じで虚ろでした。

    麻酔をしてから、10分程で赤ちゃんが生まれます。赤ちゃんを取り出す時にお腹を強く押されるのですが、麻酔が胸の方までききすぎて気持ち悪いやら胸が苦しいやらで。押さないで〜という感じでした。

    赤ちゃんが取り出されてから、10分程で赤ちゃんを連れてきてくれます。その間に旦那さんは写真をとったりしてくれていました。

    出産後の処置は30分程で終わり、着替えをさせられて病室に戻ります。

みんなへメッセージやアドバイス

私の病院では男性は旦那のみですが大人2名まで立会う事が出来ます。病院によっては上のお子さんも立ち会えたり、帝王切開のみ立会えなかったりどちらも立ち会えなかったりする為、立会い希望の際は事前に病院に確認する事をオススメします。
1

妊娠41w前後の体験談

上へもどる