カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 帝王切開の術後⑤
出産

[41w]帝王切開の術後⑤ [妊娠・出産の体験談]

1379人に読まれました
2015-07-21 11:05
  • 麻酔が切れるまで

    病室に戻ってから、痛みの感覚を感じるまでは3時間程だったと思います。
    子宮収縮剤の点滴を3本するのですが、この子宮収縮剤のおかげでお腹が常にやける感覚に襲われました。いわゆる後陣痛です。普通分娩でも子宮の戻りが良くない場合は、子宮収縮剤をやる様なのですが、もう1度陣痛がきたかの様な感覚らしいです。
    そして、30分おきか1時間おきくらいに助産師さんが子宮の収縮をうながす為にお腹をマッサージしにきます。これもまた蜂にでも刺されているかの様に激痛です。この地獄のマッサージが20:00頃まで続きました。
    足を動かせる様になれば足のポンプが外されます。
  • 痛み止め

    完全に麻酔が切れるまでには朝までかかるようですが、夜になればだいたいの感覚は戻ってきていました。

    助産師さんに6時間くらい時間空けないと痛み止めができないから、夜寝れなくならない為に頑張れそうなら21:00頃まで頑張って!と言われたので、21:00まで痛み止め無しで耐えました。痛み止めをやる前に助産師さんが着替えや、体を拭いてくれたりしたのでもう地獄でした。やっと21:00になり、痛み止め(座薬)をやってもらいました。
    痛み止めをやるまで、まだ麻酔が切れていないだけでもっと痛くなるだろう!と我慢していたので、痛くて喋る事も息をする事もままならなかったのですが。痛み止めをやってもらった途端にすごい楽になり、こんなに楽になるんだったらもっと早目に痛み止めをやってもらえば良かったな〜と後悔しました。

    術後は次の日の昼まで絶食ですごくお腹が空きます。水分はOkなのですが物足りない為、助産師さんに教えてもらった氷で飢えをしのぎました。
  • 歩行練習

    次の日、もう完全に麻酔が切れていました。夜は痛み止めのおかげと、前日の寝不足で良く寝れました。傷口は動かなければ、そんなに痛くはないです。

    歩行練習に合わせて痛み止め(座薬)をやってくれます。痛み止めがきいてきた頃に助産師さんがきて術後、初めて体を起こします。
    動くと痛み止めの意味が無いくらい激痛で、本当にこれで歩くの!?歩けるの!?って感じでした。
    でも、尿管を取るためには歩かなきゃならないんです。癒着を防止する為にも術後早期に歩行する事が推奨されています。

    点滴の台車を頼りに最初はトイレに行ってみました。気分が悪くならなければ、大丈夫かなー?と助産師さんが優しく見守ってくれています。
    そして、問題が無ければ尿管が外されます。目安は自分が自力でトイレに行ける事です。

    1度ベットに横になってしまうと、起き上がるたびに激痛が伴う為。
    ずっと歩いていた方が案外楽でした。
  • 術後の赤ちゃんの世話

    歩行練習が終わったと同時に、授乳室に点滴の台車を押しながら3時間おきくらいで通いました。帝王切開の場合まっすぐ歩く事が困難な為、まるでおばあちゃんの様。

    この後の痛み止めは座薬ではなくロキソニンになります。授乳するのに結構強い薬なんだな〜と思いながら、飲んでも全く効かなかった為あまり飲みませんでした。

    術後2日後からお風呂に入れます。私の病院では、母子同室になるのは術後3日目からで5日目には退院になりました。

    日に日に傷の痛みは良くなりますが、同室になってからもまだまだ腹筋を使う事が困難だったので、すぐ赤ちゃんの元に駆けつけられる様にベットを高くして座った状態で寝ていました。

みんなへメッセージやアドバイス

術後の入院日数は病院により異なります。12日という病院もあります。入院日数がのびるたびに入院費も高額になりがちなので、本人が大丈夫であれば早目に退院させてもらえるか相談してみましょう。
1

妊娠41w前後の体験談

上へもどる