カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 3歳以上 >
  4. お手伝い〜マイペースな食育編〜
3歳以上

[3歳]お手伝い〜マイペースな食育編〜 [育児の体験談]

145人に読まれました
2016-01-12 01:18
言葉での意思疎通がスムーズになってきて、色々なことが少しずつ出来るようになると家事も進んでお手伝いしてくれるようになってきました。その中でも今回は料理について書きます。
今まで私だけが黙々とやっていた料理ですが、ある時手伝わせてみたらどうなるだろう?と思ってお手伝いお願いしてみました。それ以来お仕事ー!と喜んでやってくれます!自分も参加出来るんだというのが嬉しいみたいです(^ω^)
  • 息子の担当を決めた

    とても簡単ですが、玉ねぎの皮むきと卵の殻割りと何かかき混ぜる工程があるものは混ぜてもらうことをお願いすることにしました。皮むきはペリペリーっと剥がれる感じが楽しいみたいでお願いするとすぐ来てくれます。
    卵の殻割りはだいたい殻が入ってたり黄身が潰れてたり白身が器からこぼれるのですがそこは大目に見て、ありがとうだけ伝えています。たまに黄身が割れてなかったらかなり褒めます!殻が入ってない場合も同様に。
    すると、殻が入った時は申告してくれるようになりました。
    で、卵の料理が仕上がり、食卓に並べると「これ僕が卵パッカーンしたやつ!」とか、玉ねぎも同様に見つけては嬉しそうに食べてくれるようになりました。
  • 食育ってこういうことかな

    食育って、子供と一緒に畑や家庭菜園で野菜育てて収穫して…というイメージでしたが、その後の段階からでもじゅうぶん食育になってるんじゃないかな〜!と思うようになりました(^^)ゆるりとマイペースなのが私達親子には丁度いいかも。

みんなへメッセージやアドバイス

息子の好奇心を損なわないように、ゆくゆくは料理も一人で出来るようになってくれるといいなと思っています。親のやってることって幼児がすると危ないことの方が多いので禁じがちですが、ダメダメ言ってると無気力になっちゃいそうで不安ですし、これならお願い出来るよ!というものを探してさせてあげるのって本当に大事なんだなぁ〜と感じました。
2

妊娠3歳前後の体験談

上へもどる