カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 生後2ヶ月 >
  4. ニット着れないお母さん1年目。
生後2ヶ月

[0歳2ヶ月]ニット着れないお母さん1年目。 [育児の体験談]

439人に読まれました
2016-01-11 22:07
子供を産んで初めて知ったこと。いろいろあります。
ウンチが炊きたてご飯の匂いだとか、自分で勝手に寝てくれる赤ちゃんはそういないという事とか。

その中で小さな小さな発見。それは、赤ちゃんがいるとニットが着れなくなるという事。

着て抱っこしても赤ちゃんには特に影響はありません。が、ニットに被害が及びます。
そう、ヨダレ責めの刑が待ち受けているのです。

どこかで見たことは無いでしょうか?
赤ちゃん連れのお母さんの肩がなにかカピカピに光っているのを。
それは赤ちゃんのヨダレです。
抱っこしていると絶対につくヨダレ。
それは時には鼻水だったり、もっと赤ちゃんの頃だと飲ませたミルクがゲップだそうと起こした時にケポーと出てきたものだったりとか。
とにかく赤ちゃん抱っこ=その時の服はけっこう汚れるので覚悟がいるという物。

春、秋と特に考えずに過ごしていましたが、冬になってそれに気がつきました。
ニット着たらカピカピ。
洗うにもゆっくり手洗いする時間がなかなか見つからない。いえ、今思えば退屈だーと泣く赤子を放置してでも洗って良かったのですが。
どうも自分の事に時間も手間もかけるのが億劫になるお母さん1年目、これは無理だ!と思い、ニットを諦め洗いやすいシャツやカットソーで過ごすことに。
これで洗濯物も迷いなくポイポイ入れる事が出来ました。

ヨダレの被害が落ち着いてきた1歳前。これでニット着れるかなーと思ってましたが、甘かった。
今度は離乳食食べ散らかし地獄が待っているのでした…。

ご飯だらけの手で抱っこをせがむ我が子。ええ、ええ、いいですとも。お母さんはまだまだババシャツとカットソーで頑張りますとも。

みんなへメッセージやアドバイス

流石に離乳食が完了する頃には、自分の服が汚れる事は少なくなりました。赤ちゃん連れても小奇麗にされているお母さん、その技を教えて欲しいです…。
1

上へもどる