カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 卵アレルギー発覚(T ^ T)
病気と症状

[0歳6ヶ月]卵アレルギー発覚(T ^ T) [育児の体験談]

523人に読まれました
2015-07-18 10:43
6ヶ月の時に血液検査をして、卵アレルギーが発覚した息子。その病院選びなどまとめました。
  • 肌荒れから検査へ。

    6ヶ月頃から、顔にポツポツと赤い湿疹が出始めた息子。
    皮膚科に行くかなぁ〜と軽い気持ちで皮膚科を受診しました。
    そこで、もしかしたら食物アレルギーかもしれないと言われ、そこで血液検査。
    まだ小さい我が子のかわいい腕に針が通され…大号泣の我が子。
    それから1週間、結果が出るまでドキドキしながら過ごしました。
    検査の結果は卵アレルギー。
    皮膚科の先生は、母乳にも出るかもしれないからお母さんも卵を食べるのはやめておいて〜と。そしてステロイドの薬が処方されました。
    薬を塗るものの、なかなか治らずひどくなるばかり。

    これはアレルギーの専門の病院に行ってみようとネットでいろいろ調べて行ってみました。
    最初に行った小児科は、アレルギー外来も普通の外来も同じ時間。今は分けてくれている病院が多いですよね。

    先生は毎日の食事のメニューだけでなく、食べた食材を細かく紙に書いて持ってこさせ、食事後の湿疹の様子などを一つずつ話して解決していこうという方針。
    つまり、アレルギーは卵だけれど、他の可能性もあるかもしれないから…
    その方法だと、診察が軽く2時間以上かかるわけなんですよ。(T ^ T)
    初診の説明でも1時間かかり、看護師さんが先生にメモで「次の患者さん、多数待ってます‼︎」
    と渡しているのが見えました(T ^ T)
    丁寧なんだけれど、毎回だとグッタリ疲れてしまって…
    違う病院も受診してみました。

    次の病院は先生もテキパキしていて的確なアドバイスをくれたし、もう一度血液検査をして、卵は私も食べない。
    薬も保湿剤を処方され様子をみようという事になりました。
    受診時間もアレルギーと小児科で分けてくれていて有り難かったです。
    そして半年に1回の定期的な受診。
    最初の受診の時に、アレルギーは大きくなるとマシになってくるから頑張ろう(^ ^)
    という先生の言葉に励まされました!
    その先生の言葉通り、徐々に食べれるものが増えていきました。

    ◯卵完全除去(卵ラインは大丈夫でした。)→卵入りのパンやホットケーキなど食べれるように→火が通っていれば大丈夫‼︎
    にまでなりました。
    でも卵入りのものから火が通っていれば大丈夫になるまでが4年ほどかかり長かったですね(T ^ T)
    今は生卵とマヨネーズだけ除去になりだいぶ楽になりました。
    食物アレルギーは子どもも辛いけど、親も辛いです。
    でもいつか食べれるようになります!
    その日を信じて頑張りましょう(^ ^)

みんなへメッセージやアドバイス

病院は長く通うことになるので、子どもさんと、親御さんにも合った病院を見つけましょう(^ ^)
0

上へもどる