カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 無痛分娩の出産体験② 〜初産〜
出産

[39w]無痛分娩の出産体験② 〜初産〜 [妊娠・出産の体験談]

860人に読まれました
2016-01-12 20:13

■分娩は痛い?痛くない?
16時間待って子宮口が全開になり、「じゃあ、分娩台移ろうか(^^)」と助産師さん。
きゃー(>□<)ついにこの時がぁー(>_<)怖い怖いどーしよーどーしよー(>_<)
と内心思いながら分娩台へ移動。
乗りたくない絶叫マシンに無理矢理乗せられた心境でした…。

分娩台に乗せられたけど、助産師さんが色々機材のセットなどを完了させると主人と二人に。
あれ?と思いつつも、このまま2時間くらいボーッとしてました。
(たぶん、子宮口全開で陣痛があると普通産みたくて仕方なくて産む流れになるんですが陣痛が生理痛くらいだったので自然に産む流れにはなりませんでした。)

どーするんだろう?この流れ。と思っていたころに「じゃあ、そろそろいきむ練習してみよっか(^^)」と助産師さん。
指示のあるままにフーン!といきんでみましたが、どうやら麻酔のせいで陣痛を感じづらくなっていて通常はこの時点で産みたくて仕方なくなるらしいのですが「ぅーん、便秘?」くらいな感じだったので、ここで初めて陣痛促進剤を投与することに。

促進剤の投与後も何回かいきんでみるも力不足で産めるまでには至らず、「子宮口開いてから時間も経ってるし、促進剤を足して吸引しながらお腹を押して産むようにしましょう!いいかな?(^^)」と言われ「はい!」と。

助産師さんが2名と医師の3人の方に囲まれ、1人は私のお腹を押して、1人は吸引、1人は赤ちゃんを受け止めるために準備。
最後の方はなぜか自分の陣痛が分からなくなり「くるよ!いきむよ!せーの!」と陣痛のタイミングを教えてもらい、いきむと同時にお腹を押され吸引。

これを2回繰り返して、「はい!もういいよ!力抜いて!」と言われ「フゥ〜…」と力を抜くとお腹からヌルーっと抜けていく感覚。その瞬間に「はい!お母さん目を開けててね!今くるよ!」と言われ目を開けると「ぅっ、ぅっ、うみゃ〜〜〜!!!」と顔をクシャクシャにして自分の手をギュッと握った赤ちゃんが。あの姿は一生忘れないと思うくらい感動的な姿でした。

さて痛みについてですが、私の場合、分娩は全くと言っていいくらい痛くありませんでした。感覚としては便秘のときに頑張っていきんでる感じに近かったです。

出産当日は大変な日になりましたが、とっても感動的な1日になりました。

みんなへメッセージやアドバイス

怖いな〜と思って不安でしたが、無痛分娩にしたおかげで本当に痛みはかなり軽減され嫌な思いせずに産めたと思います。
もし2人目ができたら、今回と同じように無痛でママに優しい産院にすると思います。
1

妊娠39w前後の体験談

上へもどる