カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. みんなのインタビュー >
  4. つわりの乗り越え方 >
  5. 二人目妊娠。一人目のごはんは?
つわりの乗り越え方

[6w]二人目妊娠。一人目のごはんは? [妊娠・出産の体験談]

186人に読まれました
2016-01-12 21:36
一人目の妊娠が分かったときには、つわりがないまま妊娠生活を過ごしました。


そして、二人目を妊娠したとき、一人目は1歳3ヶ月。

つわりが始まったのは少し早めの六週目を過ぎたくらいからでした。


始めてのつわりで、こんなに辛いものなのかと思いましたが、一人目の日中の世話もしなければなりません。

つわりは、俗にいう、吐きつわりでした。

3日ほど、トイレや、食事を作ったりお風呂に入ったりしている時以外は横になっていないと辛い状態で、その時にはこの状態がずっと続くとどうしようかと思いましたが、一人目もわたしが辛そうなのを感じとっていたのか、今までは一緒に遊ぼうと常に足元にした一人目が、横になっている間は一人遊びをしてくれていたり、私の横に一緒になって寝転んだりとしてくれていました。


ご飯の炊けるにおいや、冷蔵庫の開けたときのにおいなども、気持ち悪く、特に毎日の歯みがきは歯みがき粉の臭いと味で気持ち悪くなっていました。


父親は家に帰ってくるのがとても遅かったため、一人目のご飯は作らないといけない状態でしたが、とにかく臭いとの戦いなので、簡単にできる、うどんやチャーハン、冷凍食品を活用して過ごしました。


1歳3ヶ月の子どもが食べれるもので、父親も一緒に食べることができ、調理時間が短く済むよう、あと1つ食材を足すだけで食べれる半分調理された食品を使うことで無理せず、つわりを乗り切ることができました。

みんなへメッセージやアドバイス

無理せず、いつかは終わるつわりを乗りきりましょう。
1

妊娠6w前後の体験談

上へもどる