カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. 抱っこひも・おんぶ紐の今昔
遊び・あやし

[0歳3ヶ月]抱っこひも・おんぶ紐の今昔 [育児の体験談]

342人に読まれました
2016-01-15 13:17
抱っこひもと言えば、やはり今はエルゴベビーが主流でしょうか。街を歩いていても、多くのお母さんたちが使っている印象があります。
我が家でも自分たちで使用しているのはエルゴのくじら柄。生後1か月からインサートを使用して使っており、一か月検診やお散歩でよく利用しました。色合いも落ち着いていて、服にも合わせやすいし、旦那さんが使っていても違和感がないので気に入っています。3カ月になる前ころからは、インサートは狭くて嫌がるようになったため、インナークッションのみで使用しています。
  • 母からのプレゼント、25年物のおんぶひも

    そのような感じで、3カ月頃までエルゴの抱っこひもで普段の生活をしていたのですが、首も座ってきたし、家事もしたいのでそろそろおんぶをしたいな~と思っていました。でもエルゴでのおんぶは難しいと聞きます。そんな時、正月のため実家に帰省した際、母から私が赤ちゃんの時に使用したという年代物のおんぶ紐を譲り受けました。実に25年もの!まだ取ってあったことに驚きです。
    ものは試しということで、使ってみたところ意外といい感じでした。構造が割と単純で、軽くて持ち運びやすいですし、背負うのも簡単にできました。背中には支え板がついているので、首ががくんとなるのも防げます。最初におぶった時は、顔が見えないことに戸惑ったのか泣いてしまった坊ちゃんでしたが、慣れるといつの間にかすやすや。寝た後は寒くなるので、ねんねこ(?)代わりにパーカーを腰に巻いていました。
    このおかげで、今年は無理だと思っていたおせち作りも難なく終わらせることが出来ました。

みんなへメッセージやアドバイス

エルゴのような新しいものは、もちろん最新の機能や使い心地で良いですが、昔のもの、使い込んだものの良さも知ることが出来ました。皆さんも、お母さんにちょっと聞いてみてはどうでしょうか?でm
1

上へもどる